天鳳やってます (5)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は……
(3),(1),(3),(2),(3),(3),(3),(3),(2),(4)と、
引き続き3着ばかりのひどい成績になってしまいました……。

一応、本気でやっているのですが
毎回3着ばかりとってしまいます。


通算成績は以下の通りです。

  3級 30/ 100pt R1516
1位率 .185 対戦数   70  和了率.230
2位率 .300 平均得点 -2.47 放銃率.175
3位率 .300 平均順位  2.54 副露率.307
4位率 .214           立直率.201
飛び率 .000

ついに1着が2割を下回り、
成績があがらなくなってしまいました。

う~ん、このままではまずいですね……。



さて、今回は勘違いして失敗したこの局面を紹介します。

東4局、25000点持ち、南家。

原点のままオーラスです。

しかし、それでも2着目。

トップ目は34500点で、その差は9500点差。

満貫手を作れば、まだ逆転圏内です。

しかし、3着目は24200点持ちで、800点差。

少し無理をしたらすぐ3着に落ちてしまう状況です。

ここは、無理をせずに手を進めたいところです。

こんな配牌が来ました。


無題


一面子はありますが、ドラも絡まず
とても満貫にはならなそうな手です。

ひとまず、様子を見たいと思います。



無題1



すると、さっそく3着目の対面が
南と東をポンしてきます。

相当手が早そうです。

これではとても太刀打ち出来ません。



無題2



6巡目、なんとか手を進めてこの形まで来ましたが、
対面の捨て牌を見ると、ピンズのホンイツまでありそうです。

対面も、満貫をツモればトップに立てる立場。

とりあえず、ピンズは打たないようにしたいと思います。

すると……


無題3


同順、北をポンです。

なんと、南、東、北の三副露。

「まさか…小四喜!?
あ、いや違う 西は3枚切れてるか…。」

一瞬、焦りました。



無題4


次順、六萬を引いてこの形。

対面は役満気配ぷんぷんです。

「ククク、3枚切れてるならもう小四喜は出来まい…バカめ。」
と、高笑い気味に手拍子で發を切ると……。



無題5


えっ!?

なんと、ロンの発声。

「まさか…字一色!?



無題6


ではなく、東、北ホンイツの8000点でした……。

何か変な勘違いをしていて、普通の手の可能性を
すっぽり忘れていました。

バカは私でした。


満貫放銃で、ぎりぎりラスにならず
ラスと700点差の3着で終了という結果でした…。

それにしても、ひどい麻雀です。

どうもああいう鳴きを見ると役満を意識してしまい、
変な考え方をしてしまいます。

西は3枚切れているのだから、
あの手はブラフ(?)という謎の決めつけをしてしまいました。

ホントに字一色でなく、
3着で済んだだけ、まだラッキーですね……。

皆さんも、字牌三副露のときに
手拍子で字牌を切るのは気をつけましょう。(誰もしません)


今回は、攻めすぎの3着ばかりで成績もあがらず、
+30ポイントで終了という結果でした。

次回も、頑張りたいと思います。

天鳳やってます (4)

です。


今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は……
(3),(3),(3),(2),(3),(1),(3),(2),(3),(4)と
3着が劇的に多く、ぱっとしない成績でした……。

まだ、ラスが1回なだけマシですかね…?


通算成績は以下の通りです。

  3級 0/ 100pt R1547
1位率 .200 対戦数   60  和了率.226
2位率 .316 平均得点 -1.66 放銃率.173
3位率 .250 平均順位  2.51 副露率.309
4位率 .233           立直率.188
飛び率 .000


さて、今回は欲が出て失敗したこの局面を紹介します。


東4局、16000点持ちの西家。

オーラスで16000点持ちと追い込まれていますが、
まだラスではありません。

ラス目は下家で、15400点持ち。

トップ目が34600点、2着目が34000点と
トップ、ラスで僅差の競り合い状態です。

この点差で逆転するには、最低でも跳満が必要です。

少々厳しそうです。

ここは、大人しく3着覚悟で
軽い手で流したいところです。

こんな配牌が来ました。

無題1


少なくとも軽い配牌とは言えず、
かといって跳満になるような重い手でもありません。

私がラスになる条件は、
誰かに放銃するか、下家がアガるかです。

このまま手にならないようなら、
いさぎよく降りたいと思います。



無題2


6巡目、残しておいた白を引きこの形になりました。

ようやく役牌が対子になりましたが、
それでもまだカンチャンだらけ。

とりあえず白を鳴いて手を進めたいのですが、
ここでまた悪い虫が出てしまいました。


無題3

同順、対面から白が出ます。

しかし……。


「ん、この手、よく見たら456の三色が見えるな……。
リーチ、三色、白、ドラ1、これは、裏ドラを乗せたら
逆転出来るのでは……!?」

なんと、この期に及んで逆転狙いです。

白をスルーしてしまいました。

3着続きでおかしくなってしまったのか、
また無謀な考えを持っています。


無題4

やはりまったく手は進まないまま、
変な形になる一方です。

南が枯れたので手をほぐしましたが、
このままではまったく聴牌出来る気がしません。

さらに対面もこの順目にチーをしてきて、
いよいよ時間がなさそうです。

すると、そこに上家が打(3)。


無題5


なんと今度は、この(3)をチーです。

この順目でカンチャンの(3)を出され、
もう我慢出来なくなってしまいました。

いまさら軽い手で流すつもりです。

完全にバランスがおかしくなっています。


無題6

次順、4を引き一応は一向聴になりました。

打2。

すると……。


無題7


ダマテンの上家に刺さり、
あっけなくラス終了してしまいました……。

やってしまいました。

ひどい麻雀です。


やはりバランスが悪くなっていたのか、
どうしたいのかわからない
中途半端な打ち方をしてしまっています。

大人しく降りておけば良いのですが、
変に手を進めて勝手にラスに落ちるという
ひどい結果でした。

そもそも、この点差で逆転狙いというのが無謀でしたね……。

どうも追い込まれると、
無理に手を作りに行ってしまいます。

我ながら、強欲ですね……。


さて、今回は3着狙いでほとんど昇級もありませんでしたが、
なんとかラスを1回で終われることが出来ました。

次回は、もっと気を引き締めて
トップを取れるように頑張りたいと思います。

天鳳やってます (3)


です。


早速ですが、今回から、東風戦20回ではなく
10回打つこととなりました。

打つ回数は減りますが、
これからは週1回更新の予定です。

今後ともよろしくお願いします。

今回の成績は…
(2),(1),(1),(2),(2),(4),(1),(2),(2),(1)と
ラスを1回だけ取りましたが、後は2着と1着だけという
好成績で終わることが出来ました。

やっと調子が出てきたようです。


通算成績は以下の通りです。

  4級 60/ 90pt R1586
1位率 .220 対戦数   50  和了率.247
2位率 .340 平均得点 +0.40 放銃率.178
3位率 .180 平均順位  2.48 副露率.319
4位率 .260             立直率.205
飛び率 .000



ようやくRが1500に戻りましたが、
ラスが2番目に多いという成績です。

とりあえず、ラスを引かないようにやっていきたいと思います。


さて、今回は思わず欲が出たこの局面を紹介します。


東2局、西家、17300点持ち。

前局にさっそく7700を振り込んでしまい、一人へこみの状態です。

ラス親がありますが、失点を取り返すためにも、
ここで一アガリしたいところです。


こんな配牌が来ました。

無題


赤があり、平和系の手で悪くなさそうです。

とりあえずこのまま手を進めたいと思います。


無題1


5巡目、この形になりました。

赤(5)、赤五と立て続けに引き、急に高い手になってきました。

ドラが六萬ということもあり、三色も狙えそうな良い手牌です。

しかし、上家が2巡目にして1チー。

あの鳴きでは、チンイツ、ホンイツもありそうです。

とりあえず、發を温存して3切り。


無題2

8巡目、(7)を引きこの形になりました。

下家も二萬を鳴いて、皆鳴き合戦という様相です。

ここらへんが、發の切り時でしょうか。

打發。

しかし、度重なるピンズツモのせいで、
どうもウズウズしてきます。

無題3


發は鳴かれずに済みましたが、すぐに下家が白を出して、ポン。

そして、(2)ツモです。

とりあえず、打(5)でも良いのですが……。


「もう我慢できーーーん!」


無題4



打、赤五萬です。

いつもの病気で、ピンズのチンイツに走ってしまいました。

しかし、後悔はしていません。

これだけピンズが揃っていたら、
逆にチンイツに行かないのは失礼というものです。(?)


無題5

すぐさま下家に赤五萬、赤5と鳴かれてしまい、
更に対面にドラの六萬もポンされました。

他家にドラをプレゼントしまくっています。


そこへ、14巡目に(6)を引き、
ようやく一向聴になりました。

相当に遅い打ち方ですが、
もしこれをアガれば一発逆転です。

期待をこめてツモると……


無題6

16巡目、やはり分が悪く
下家のタンヤオドラ3に放銃してしまいました……。

鳴いた仕掛けは全部私のアシストという
ヘボっぷりです。

この放銃により、さらにダンラスになった私は
結局逆転出来ず、ラスのまま終わってしまいました……。


やはり、やりすぎましたかね……。

ドラがあるのだから、普通に手を進めていたら、
アガれていたかもしれません。

ですが、ああいう手牌になると
どうしてもチンイツに走ってしまいます……。

欲張り過ぎは、危険ですね。



ですが、今回は比較的調子が良く
1着4回2着5回で終われることが出来ました。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。
プロフィール

押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎ともうします。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、よかったら見てください。
目標は、四段R1800で特上卓に行くことです。

  • ライブドアブログ