天鳳やってます (11)

です。

今回も天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は、
(2),(2),(4),(1),(3),(3),(2),(4),(3),(1)と、
またも中途半端な成績でした…。

トップとラスが同じ数ですが、
初段ではまだラスのポイントが低いため、
結果的になんとかプラスの成績でとどまっています。


通算成績は以下の通りです。
  初段 240/ 400pt R1598
1位率 .215 対戦数   130  和了率.217
2位率 .284 平均得点 -1.73 放銃率.172
3位率 .269 平均順位  2.51 副露率.286
4位率 .230           立直率.213
飛び率 .015


さて、今回はギリギリうまく行ったこの局面を紹介したいと思います。

東2局、21100点の北家。

東1局に3900を振り込んでしまい、微差ながらラス目の状況です。

しかも、起家だったため
もう親がありません。

こうなったら、失点を取り返すためにも前向きに攻めたいところです。

こんな配牌が来ました。


無題


攻めたいところに、少々厳しい配牌が来てしまいました。

一面子もなく、ヤオチュウ牌だらけで
アガリにはだいぶ遠そうです。

普通に手を進めるなら、字牌から切るところですが…。


無題1


こうなったら、
1巡目から思い切って国士狙いで、
打2です。

これだけヤオチュウ牌が揃っているのなら、
むしろチャンスです。

うまくいくかはわかりませんが、
思い切って攻めたいと思います。


無題2


すると、うまい具合に2巡目のドラの白をツモ。

もう、迷いなく国士狙いです。
(1巡目から国士に行く気満々ですが……。)

打二萬です。


無題3

すると、下家の親が一二三の形でチー。

なにやら、きな臭いチーです。

そこへ、三萬ツモ。

下家から相当嫌な気配がしますが、
国士をアガると決めた私はこれぐらいでは止まりません。

ツモ切りです。


無題4


やはり、この三萬は鳴かれてしまいました。

どう見ても萬子のチンイツです。

そして、私はこの北をツモってこの形になりました。

こうなったら、手が整う前に萬子を切ってやれ!と四萬を切ると……。


無題5


この四萬も鳴かれ、
あっという間に三副露されてしまいました。

…少し、やり過ぎでしたかね……?

4巡目だというのに、私の捨て牌は1枚しかありません。

しかし、それもこの手をアガれば全てチャラです。

このまま、前のめりに突っ走りたいと思います。


無題6


あれからなんとか萬子は引かずにすみましたが、
11巡目になっても、まだ1,9牌を引きません。

むしろ、対子が多くなってきました。

1や(9)が三枚切られ、
まだ可能性は残っていますが
これでは国士はだいぶ厳しそうです。

この状況で役満狙いは、夢のまた夢でしたかね……?



無題7


そして、同順ドラの白を対面がポンです。

チンイツとドラ3に挟まれ、絶体絶命です。

無理に突っ走ったら、
役満どころか手痛い放銃を受けそうです。

幸い、安牌は手の中に山ほどあります。

これ以上手が進まないようなら、悔しいですが降りです。


すると……


無題8


13巡目、南を引きこの形になりました。

これで、東南西北が全て対子です。

「こ、この手は…
大四喜!…あ、南がもう2枚切れてる。
いや待てよ、字一色七対子…あ、これも白がポンされてるから無理か…。」

やはり、役満狙いは夢のようです。

ですが、これで再び闘争心に火が付きました。

国士狙いで手を進めていましたが、
これで七対子混老頭の一向聴です。

これならば、十分攻める価値があります。

国士狙いを諦め、打白です。

そして…


無題9

次順、うまい具合に九萬ツモです。

狙い通りに、ぴたりとツモが来てくれました。

あの配牌から凄まじい変化です。

もう迷うことはありません。

9を切って、發単騎のリーチです!


無題10


勢い余ってリーチしてしまいましたが、
よく考えたらチンイツとドラ3の危険地帯の中、
ツモ切りマシーンと化す危ないリーチです。

この發単騎がアガれるかはわかりませんが、
せめて、放銃は避けたいと願っているところです。

結果は…


無題11


なんと2巡後に上家から出て、
奇跡的に和了です。

いつもならば、親っパネでも打っているところでしたが
運が良かったのか、16000をアガることが出来ました。

場に1枚切れているだけの發でしたが、
誰にも対子になっておらず、ラッキーでした。



たまには、無茶苦茶してみるものですね……。

国士にはならずとも、
混老頭混一色七対子と珍しい手をアガれることが出来ました。

三副露させてしまったときは、終わりかと思いましたが
その後に危険牌も引かず、ラッキーな展開となりました。

大怪我しないですんで、助かりましたね……。

こんなアガりをすると、
また学習せずブンブン行きそうなのがこわいところですが…。



さて、そんな今回は中途半端な成績でしたが、
結果+50という成績で終わりました。

まだまだ、四段R1800には遠いです。

この調子で、これからも頑張りたいと思います。

天鳳やってます (10)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は……
(2),(2),(4),(2),(2),(4),(3),(3),(2),(1)と
2着ばかりの成績で、どうも微妙な結果でした…。

これでトップが多めなら良い成績なのですが、
1回だけなので何にしても微妙です。

通算成績は以下の通りです。
  初段 190/ 400pt R1584
1位率 .216 対戦数   120  和了率.220
2位率 .283 平均得点 -1.85 放銃率.172
3位率 .266 平均順位  2.51 副露率.289
4位率 .233           立直率.216
飛び率 .016

さて、今回は思い切って仕掛けたこの局面を紹介します。

東2局一本場、23500点持ちの南家。

まだ、始まったばかりの東2局です。

東1局に流局になり、23500点の同着ラス目ですが、
まだ点差なんてあってないようなものです。

ここで、ドカッと大物手をアガってトップに立ちたいと思います。


こんな配牌が来ました。


無題


いきなりドラの八萬をツモり、ドラドラになったのは嬉しいですが
少しアガりには遠そうな手牌です。

このまま手なりで進めたいところですが、
ここで、とあるひらめきが……。


無題1



下家から出てきた9を、ポン!

ポンの表示を見て、とっさにポンをしてしまいました。

ここから、トイトイに持っていきたいと思います。

無理トイトイにもほどがありますが、
他家を牽制するという意味でも、強引に攻めたいと思います。

すると…。


無題2


次順、ドラの八萬をツモ!

完璧です。

これならトイトイ狙いも、
あながち不可能でもないかもしれません。

このまま対子になる牌を引いて
どんどん前に進みたいと思います。


無題3


すると、7巡目四萬ツモ。

やっと2組目の対子を引きましたが、
親の上家が二副露です。

234の三色の仕掛けでしょうか。

何にしても、その程度の仕掛けではひるみません。

二切りです。

一応テンパイの形にはなっていますが、
本当に形だけで、役がありません。

さすがにカンしてリンシャンを引くというのも厳しそうです。

対子になる牌をもっと引きたいところなのですが…。


無題4


まったく手が進まず、
鳴ける牌も出ず、10巡目にこの(6)をツモりました。

「おかしい、まったく手が進まないぞ…。
どうなっているんだ…。」

と思いつつ(6)をツモ切ると…。


無題5


上家のタンヤオ仕掛けに、放銃です。

しかも、三色手ではなく、(7)(8)の方アガりタンヤオ。

「な、なんだそのひどい仕掛けは……」(人のことを言えません。)
と思いつつ、むざむざ終局してしまいました…。


う~~ん、今見てもすごい仕掛けをしてしまいました……。

しびれを切らして、焦った鳴きです。

ドラを引いたまではいいのですが、
途中から手詰まりになってしまいました。

そうなった時点で、降りておくべきでしたね……。

まだまだ、見極めが甘いです。



さて、今回は2着ばかりでどうにもうまく行かない成績でしたが、
+30ポイントと、なんとかプラスの成績で終わることが出来ました。

まだまだ、これからです。

次回も、頑張りたいと思います。

天鳳やってます (9)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は、
(3),(3),(3),(3),(4),(1),(4),(2),(3),(4)と、
3着続きの成績になってしまいました……。

ラスも三回とってしまい、かんばしくないです。


通算成績は以下の通りです。
  初段 160/ 400pt R1568
1位率 .227 対戦数   110  和了率.228
2位率 .263 平均得点 -1.83 放銃率.178
3位率 .272 平均順位  2.51 副露率.298
4位率 .236           立直率.209
飛び率 .018


さて、今回は役にこだわりすぎて失敗したこの局面を紹介します。

東3局、西家で23000点持ちです。

微差のだんご状態で、
トップ目は28900点持ち、ラス目も21100点と
皆僅差の競り合いです。

私は、23000点の3着目。

オーラスを迎える前に、少しでも加点したいところです。

こんな配牌が来ました。

無題


既に一面子あり、赤ドラもあって
なかなか悪くなさそうです。

ツモにもよりますが、まっすぐ行きたいと思います。


無題1



4巡目、こんな手牌になりました。

カンチャンの3を引き、早くも一向聴です。

しかも、下の三色が見え隠れする好形で、
点数的にも期待できます。

しかし……


無題0


5巡目、上家からリーチがかかってしまいました。

困りました。

しかし、この状況でも真っ直ぐ手を進めたいと思います。

というより、降りる牌がほとんどないため
真っ直ぐ行くしかありません。


無題2


2巡後、(1)を引いてこの形になりました。

少々悩むツモです。

一応一向聴でもありますが……。

ここは、下の三色への変化も期待して、
89のカンチャンを外したいと思います。

しかし…


無題3

思いっきり裏目に出て、
7を引いてきてしまいました。

やってしまいました。

本当なら、高め三色の(1)(4)待ちリーチがかけられていましたが、
やってしまったものは仕方ありません。

ツモ切って前に進みたいと思います。



無題4



そして、9巡目に4を引いてこの形になりました。

さらに悩む形になりました。

まだ、一二三も二三四の三色もあるため、
一萬、四萬も切りづらいです。

仕方ありません。

ここは、勇気を出して赤(5)を切ります。

リーチに対して無謀すぎる牌ですが、
あくまでもここは三色追求です。


無題5


運よくこの(5)は放銃とならず、
対面にポンされました。

そこに4を引き、この形です。

ようやく聴牌しましたが、
ギリギリ三色にならないカン(2)の一盃口のみという
しょっぱい形です。

さすがに、ここでリーチをかけるわけには行きません。

とりあえず、打一萬でダマテンに構えたいと思います。


すると……。


無題6


次順、うまい具合に(4)を引いて
こんな形の聴牌になりました。

これなら完璧です。

(1)を切って、
自信満々のリーチ!!

………ん?



無題7


「あっ!!!」

そこには、フリテンと表示される文字。


もはや言うまでもありません。

(5)は、自分が切って対面にポンされており、
どう見てもフリテンです。

河にないだけで、数巡前の記憶を忘れるという奇跡的なプレーです。

「し、しまった……。」

出和了りできない上、(2)(5)は残り1枚ずつという
絶望的な状況です。

しかし、これでもまだわかりません。

まだ、私がツモる可能性も残っています。

そんな奇跡的な結果を期待してツモりますが……


無題8


そんな都合の良いことが起こるわけもなく、
上家のリーチにアガられてしまいました……。

とほほ……。

オーラスも、このミスを引きずったのか、
7700を放銃してしまい、ラスに落ちてしまいました…。


久々に、ヘボ闘牌をやってしまいました。

変に三色にこだわりすぎて、最悪な結果になってしまいました。

放銃しなかったのがせめてもの救いですが、
むしろ放銃するより恥ずかしい内容です。

数巡前の自分の闘牌を忘れるという
凄まじいニワトリっぷりです。

今後は、気をつけたいですね……。



さて、今回は全体的に調子が悪く
-40ポイントという結果で終了してしまいました。

まだまだ先は長いので、
気を引き締めてこれからも頑張りたいと思います。
プロフィール

押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎ともうします。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、よかったら見てください。
目標は、四段R1800で特上卓に行くことです。

  • ライブドアブログ