天鳳やってます (29)

です。

今回も、天鳳で10回打ちました。

今回の成績は……。

(1),(2),(3),(3),(4),(4),(4),(2),(3),(1)と、
またも不調街道まっしぐらな成績でした……。

低空飛行を続けております。


通算成績は以下の通りです。
  三段 100/ 1200pt R1608
1位率 .235 対戦数   310  和了率.227
2位率 .270 平均得点 -0.42 放銃率.172
3位率 .248 平均順位  2.50 副露率.307
4位率 .245           立直率.219
飛び率 .009

さて、今回は焦ってミスしたこの局面を紹介します。


東1局一本場、北家で25000点持ち。

前局に親が5800をアガり、
親が一歩リードという展開です。

ここは、こちらもアガって
親に追いつきたいところです。

こんな配牌が来ました。


無題



西の暗刻はあるものの、オタ風なので
仕掛けることが出来ません。

門前でじっくりこの手を育てたいと思います。



無題1

すると、2巡目に六萬、
4巡目に白を引き、こんな形になりました。

これで、かなり手牌が安定してきました。

これなら白を鳴いて仕掛けることも出来ます。

まだ東1局なので、2000点でも十分な局面です。


無題2


しかし、中盤を過ぎても白は出ないまま
手牌ばかり育っています。

既に一向聴で、白を鳴ければ聴牌なのですが
その白が出てきません。

どうしたものかと思っていると…


無題7


9巡目、上家から4が出ます。

「こっ、これだ~!」
と、勇んで4をチー。


無題3


これで5と白のシャボですが、
白でしかアガれない役牌のバックの形です。

これ以上待っていても、東風戦では不利になると思い
珍しく積極的に仕掛けます。

この仕掛けなら、タンヤオ形にも見えるでしょう。

これならば、あっさりと白が出ることも……


無題4


しかし、そんな希望も叶わず
12巡目、上家からリーチがかかってしまいました。

まずいです。

場を見ると、白は生牌。

リーチがかかってしまえば、
余計に白は出ないでしょう。

かといって、
まだ上家が白をつかむ可能性もあるため
ベタオリも出来ません。

すると…

無題5


なんと、流局間際の16巡目、
アガれない方の5をツモって来てしまいました。

ひどいことになってしまいました。

役牌のバックは、
こういうことがあることを忘れていました。


仕方ありません。

こうなったら、もうこの手はアガれません。

白を打って、聴牌維持です。


ん……?

ベタオリするなら、
聴牌にこだわらなくても西の暗刻落としでも十分なはず…。

いや、まあ、そこまでひどいことには……。


無題6


「ぎゃーー!!」

なんと、上家も白のバックで
降りていたはずなのに、見事放銃してしまいました……。

予想通り、ひどいことになってしまいましたね……。

聴牌維持のためだけに、
高い代償を払ってしまいました…。

裏ドラものり、満貫の放銃です。

この放銃が響いたのか、
結局この回はラスで終わってしまいました……。

ひどい麻雀ですね…。


白がないと思っていたら、
上家の手の中にずっとあったようです。

そりゃ出るわけがないですね…。

やはり、焦らず
じっくりと門前で行くべきでしたかね……。

そうすれば、最低でも放銃はなかったでしょう。


今みると、上家の待ちは白と(1)。

(1)は、対面の手の中に2枚で、
私が白を出さなければアガり目はありませんでした。

わざわざ、手牌の中から
当たり牌を出してしまったという結果です。

こういうことをやっていたら、
ラスをとってしまうのも無理はないですね…。

まだまだ、精進が必要です。



さて、今回も低空飛行を続け、
結果、-50ポイントで終局。

ぎりぎり降格にはなりませんでしたが、
少しラスを引けば、すぐ降格というラインです。

次回こそ、プラスで終われるよう頑張りたいと思います。

天鳳やってます (28)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は、
(2),(1),(2),(4),(3),(1),(4),(3),(1),(4)と、
またも中途半端な成績でした……。

どうも勝ちきれない成績が続いてしまっています。

通算成績は以下の通りです。

  三段 150/ 1200pt R1619
1位率 .236 対戦数   300  和了率.225
2位率 .273 平均得点 -0.26 放銃率.170
3位率 .246 平均順位  2.49 副露率.301
4位率 .243           立直率.220
飛び率 .010


さて、今回は中途半端に攻めてしまったこの局面を紹介します。

東4局一本場、32400点持ちの南家。

ここまで順調に来て、
オーラスで32400点のトップ目です。

2着目とは6700点離れており、
僅差といえば僅差ですが、少々離れています。

ここは、他家が手作りしている間に、
1000点、2000点の手で軽くアガりたいところです。

5巡目、こんな形になりました。


無題

急所の3を引き、これで早くも一向聴になりました。

どうやら、好調の流れを引き継いでいるようです。

サクっと(2)が入れば平和の聴牌ですが、
もし先に6,9が入っても
(1)切りをして一向聴に戻せば、
萬子の周りでさらに平和が狙える形になります。

どちらにしても、完璧な形です。

このままアガりきってみせますよ~。


無題1

しかし、8巡目、ドラの(5)ツモ。

予定と違うツモが来ました。

こうなると、少々迷います。

四萬を切ればリャンカン形の残る一向聴ですが、
先に6,9を引けばカンチャンの聴牌になってしまいます。

まだ6を引けばカン(4)待ちでタンヤオになりますが、
9なんかを引いたらひどいことになります。

かといって、(1)か(5)を切ると
(2),(4)を引いた時のロスを挽回できません。

ここは、大人しく四萬を切ってリャンカン形の一向聴に構えます。

もし9を引いたら、それはその時考えることにしましょう。

すると……

無題2

考える間もなく、
9巡目に対面からリーチがかかってしまいました。

思ったより早いリーチが来てしまい、困りました。

リーチをかけた対面は2着目で、
5200以上の放銃をすれば、逆転されてしまいます。

しかし、降りていても
対面の手が満貫以上あれば、出アガりでも逆転です。

降りていれば2着は安泰ですが、
トップを狙う気持ちで少々攻めたいところです。


無題3

すると、11巡目赤ドラの(5)ツモ。

高い手はいらないオーラスなのですが、
ここに来てドラが重なってしまいました。

いくらなんでも、これは切れません。

リーチの現物の(1)を切って、手を回します。

この形でも一応一向聴は維持していますが、
余計に困る形になってしまいました。

リーチのあの捨て牌では、ドラも(3)も切り辛く、
半分降りのような状況です。

どうしたものかと思っていると…。

無題4


なんと、14巡目
さらに(5)を引き、ドラが暗刻になってしまいました。

降りようかと思っているところに
変なところを引き、聴牌してしまいました。

しかも、点数はいらないといっているのに、まさかのドラ暗刻です。

しかし、逆に言えば
これで対面の手にはドラがないということがわかりました。

おそらく、満貫以下の手でしょう。

そうと分かれば、無理に攻めずに降りておいた方が良いのですが、
恐ろしいことに、(5)が壁になったおかげで
(3)は比較的安全な牌です。

「このぐらいなら、押してみるか…。」
と欲を出して(3)を切ると…。


無題5


「ゲッ!」

なんと、打ち出した(3)がアタリです。

(5)が絡まない(2)(4)のカン(3)待ちで、
ドラが暗刻でも待ちは関係なかったようです。

予想通りに満貫以下の手ですが、
リーチタンヤオ一盃口で、ピッタリ5200点です。

オーラストップ目なのに、
わざわざ逆転される放銃をしてしまいました…。



やはり、変に下心を出すと、
ひどいことになりますね…。

素直に降りていれば、おそらくトップで終われていたでしょう。

どうも、最近こういうトップを逃す局面が多く、
ひどい結果が続いております。

今見ると、私の待ちの6,9は
場には3枚、対面と下家の手に6が3枚あり、
残りは9が2枚のみという薄い状況でした……。

押したくなる聴牌ですが、
たとえ通っても、アガり目はほとんどなかったという結果ですね…。

しかも、実はこの期に及んで
下心丸出しのダマテン選択をしていました。

タンヤオにならない9がある以上、
アガり切るのならリーチをかければ良いのですが
攻めたいのか、守りたいのか
どっちつかずの闘牌です。

迷いながら前に出ると、ロクな目に合いませんね……。

このような闘牌をしているようでは、まだまだです。



さて、今回も全体的に調子が悪く、
-10ポイントで終局となりました。

まだ二段降格とはなりませんでしたが、
ジワジワ降格へのカウントダウンが近づいていっています。

次回こそ、プラスで終われるよう頑張りたいと思います。

天鳳やってます (27)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は……
(4),(3),(1),(4),(4),(4),(1),(3),(3),(2)と
またもラスだらけの成績でした……。

不調街道まっしぐらです。


通算成績は以下の通りです。

  三段 160/ 1200pt R1616
1位率 .234 対戦数   290  和了率.225
2位率 .275 平均得点 -0.36 放銃率.170
3位率 .248 平均順位  2.49 副露率.300
4位率 .241           立直率.220
飛び率 .010

ついにラスが1着よりも多くなってしまい、
二段に降格しそうな勢いです。

ひどい成績になってしまいました。


さて、今回は変な読みをして失敗したこの局面を紹介します。

東4局一本場、33300点持ちの北家。

ここまで好調で進み、
33000点でオーラストップ目です。

後は、このオーラスをサクっとアガればトップで終了です。

見事トップで終了させてみますよ~。


こんな配牌が来ました。



無題



やはり状態は良いのか、既に二面子の好配牌。

残った形も、悪くありません。

これならサクッとアガれそうです。



無題1


しかし、二巡目にいきなり上家が(1)ポン。

捨て牌から見ても、ピンズの混一色か清一色でしょうか。

上家は18600点持ちのラス目。

ここで、大物狙いの一発逆転にかけるようです。

ドラが發だけに、注意が必要です。




無題2



すると、6巡目、(4)をチー。

そして、打發です。

ドラが通るのは良かったのですが、
私の手は、鳴きでツモがずれたのか、
まったく進みません。

配牌からほとんど変わらず、停滞状態です。

困りました。




無題3



すると10巡目、この中を引きました。

場を見ると、中は生牌。

これは、流石に打つわけには行きません。

大人しく、ソーズを打って降りていれば良いのですが……。

「この手をアガりにかけるなら、
ピンズを持っていてはアガれないな。
ここは、ピンズの両面落としだ。」

と、なんとここでピンズの染め手をやっている相手に対して
打(8)です。

真っ直ぐ行くなら中切りなのですが、
攻めたいのか降りたいのかよくわかりません。



無題4



出した(8)を、上家がポン。

そして、この三萬を引きました。

「ちっ、まさか(8)をポンされるとは……。
しかし、この(7)は大丈夫だろう。
上家は、(8)ポンで打(6)。
ピンズの上を処理したからには、もうピンズの上はない。
ズバリ上家の待ちは(2)(5)だ!!

と、珍しくヘンテコな読みをきかせて
両面落としを続行。

打(7)です。

すると……。



無題6


「えっ!?嘘!!」


出した(7)がまさに当たりで、
結果的にピンズの染め手を大助けしてしまいました……。

しかも、キレイな清一色ドラ1で、跳満です。

ということは……



無題5


ラス!

あれだけ点棒があったのに、
なんと百点差でラスになってしまいました……。

相変わらず、ひどい闘牌ですね……。



やはり、珍しく変に読みなどをすると
ロクなことになりませんね……。

(4)を(5)(6)で鳴いても、
まだ手の中に(5)(6)がある可能性は、十分にありました。

しかし、それよりも
素直に降りていれば、少なくともラスはなかったでしょう。

どうも、思考回路が変に捻れていたようです。

手が進まない時点で、
早々に降りるべきでしたね……。

まるでラスになりたい人の打ち方ですが、
大真面目にやっているからなおさらタチが悪いです。

こんなラスをとっているようじゃ、まだまだですね…。


さて、今回も不調の波は続き、
マイナス150ポイントで終局。

二段降格まで、王手になってしまいました。

いよいよ、後がない状態です。

なんとか降格しないよう、
次回も頑張りたいと思います。
プロフィール

押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎ともうします。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、よかったら見てください。
目標は、四段R1800で特上卓に行くことです。

  • ライブドアブログ