天鳳やってます (7)

です。

今回も、東風戦を10回打ちました。

今回の成績は………
(1),(2),(1),(1),(1),(1),(4),(3),(2),(2)と、
トップ5回の好成績でした。

ラスも1回だけで、久々に満足な成績です。


通算成績は以下の通りです。
  1級 20/ 100pt R1575
1位率 .233 対戦数   90  和了率.232
2位率 .266 平均得点 -1.40 放銃率.178
3位率 .255 平均順位  2.51 副露率.311
4位率 .244           立直率.205
飛び率 .011


さて、今回はギリギリ惜しかったこの局面を紹介します。

東3局一本場、北家で800点持ち。

なんと、既に残り800点のダンラス目です。

放銃に次ぐ放銃で、こんな有様になってしまいました。

3着目でさえ17800点差と、相当厳しい状態です。

もうほぼ浮上は出来無さそうですが、
わずかな可能性にかけて、逆転の手を作るしかありません。

こんな配牌が来ました。


無題

国士とも、チンイツとも言えない半端な手です。

やはり、状態は最悪です。

こうなったら……

無題1

3巡目、既に面子が出来ているソーズを切って、
萬子のチンイツ狙いです。

だいぶ遠いですが、起死回生の一手を狙うしかありません。

すると…


無題2


7巡目、三着目の下家からリーチがかかってしまいました。

絶体絶命です。

ツモられても、放銃しても飛びで終了です。

しかし、ここで降りていてもしょうがありません。

わずかな望みに賭けて、前に進みたいと思います。


無題3



他家二人も降りているのか、なかなか下家がアガりません。

私としては、ありがたい状況です。

そんな中、14巡目に二萬を引いてこの形になりました。

ようやくそれらしい形になってきました。

まっすぐ、(8)を切ります。

ですが、既に14巡目。

やはり、時間がかかってしまい
聴牌すら危うい状態です。

ノーテンなら、飛んで終了です。

こうなったら、鳴いてでも聴牌を取りたいところです。

ところで、(8)を打った時、
若干の間があったような気がします。

気のせいでしょうか…?

無題4


そして17巡目に六萬ツモ、
最後の最後に七萬を引き、この形になりました。

「ん、んんん~~~…??」

最後のツモの上、1000点未満なのでリーチのボタンが出ません。

怒涛の萬子ツモの連続ですが、
もはや、テンパっているのかすらよくわかりません。

なんとなく、テンパってそうな感じもしますが……。

一体、何を切ったら聴牌になるのか
もう頭の中はぐちゃぐちゃです。

そして…

無題5


なんとなく端牌、と九萬を切ってみたところ、
聴牌にならず、ノーテン流局で終了してしまいました……。

無念の飛び終了です。

後で確認してみたところ、
やはり、この形では聴牌していなかったようです。

どれを切っても、ノーテンという厳しい結果でしたね……。


最初から、567を切らずに手を進めていたら
まだ、可能性があったかもしれません。

今見ると、実は下家のリーチは(5),(8)待ちの平和で、
なんと私が切った(8)を見逃しています。

あのままアガると、下家は3着確定で
あえて見逃してくれたようです。

とても嬉しいのですが、
そこまでお膳立てされても聴牌できないとは……。

下家にも、申し訳ないですね…。



さて、今回は比較的ラスも少なく、
トップ5回と好成績で終われることが出来ました。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。

天鳳やってます (6)

です。

今回も、東風戦を10回打ちました。

今回の成績は、
(4),(4),(4),(4),(1),(4),(3),(4),(1),(1)と
またも不調続きな成績でした……。

トップはとっているものの、
10回中6回ラスというひどい結果です。


通算成績は以下の通りです。
  2級 0/ 100pt R1449
1位率 .200 対戦数   80  和了率.219
2位率 .262 平均得点 -3.71 放銃率.181
3位率 .275 平均順位  2.60 副露率.298
4位率 .262           立直率.205
飛び率 .000

さて、今回は混乱して失敗したこの局面を紹介します。

東3局一本場、南家で11700点持ちのラス目です。

東1局に放銃してしまい、それからもずるずると失点して
親番を前にラス目になってしまいました。

3着目も24000点持ちと、だいぶ離れてしまっています。

ラス親を迎える前に、ここで少しでも加点したいところです。

こんな配牌が来ました。


無題



配牌としては相当整っており、
うまく行けばホンイツも狙える好配牌です。

これなら、案外あっさり満貫、跳満をアガれるかもしれません。



無題1


しかし、4巡目、
5を引きこの形になりました。

これなら、むしろホンイツというより
三色や平和系の手です。

平和にするためには、白を対子落としと行きたいところですが……。



無題2


次順、白を引き
この形の一向聴になりました。

早くも一向聴になったのは嬉しいのですが、
逆に手が安くなってしまいました。

このまま安目を引いたら、リーチしても2600点です。

赤五萬あたりを引いたら超嬉しいのですが……。



無題3


もちろん、そんなピンポイントでは引かず
6を引いてこの形になりました。

二盃口の形が見える面白い手になりましたが、
問題は、対面のリーチです。

5巡目にして、早速リーチと来てしまいました。

(7)を切れば手広い一向聴ですが、
さすがに一発目では打ち辛い牌です。

ここは、打で柔軟に構えたいと思います。

こうしておけば、まだ二盃口や七対子の形も残り、
対面にも放銃しません。

完璧です。

決して、ビビって降りたわけじゃありませんよ~。

すると……。


無題4


8巡目、八萬を引いてこの形になりました。

聴牌しましたが、安目の八萬引きで
予想通り2600点になってしまいました。

一発や裏ドラ次第で満貫にはなるかもしれませんが、
このままでは、リーチしてもあまりうまみは無さそうです。

仕方ありません。

ここは、手を振り出しにして
再度打です。

安牌を打ちつつ、タンヤオ平和系の手を狙いにいく作戦です。

だいぶスピードは落ちますが、
これなら十分高い手になりそうです。

決して、降りてるわけではない…はずです…。



無題5



そして、六萬、五萬と立て続けに引き、
こんな形になりました。

んっ、んん~~~…??

なんだか、わけのわからない形になってきました。


(7)を切れば一番手広いのはわかりますが、
それではせっかくの三色目が消えてしまいます。

ならば、萬子のどれかを切って
一番手広い形にするしかありません。

必死に頭の中で萬子を分解しつつ、
切る牌を探します。


「六萬を切れば一盃口…、あえてツモ切るべきか…いや、待てよ…。
こっ、これだ!!


無題6


そして、考えた結果
打七萬です。

ですが、残った形を見れば一目瞭然。

全然手広くありません。

むしろ、一番手広くない打牌かもしれません

「や、やっちまった…。」

結果的に七萬も安牌で、
もはや降りている人にしか見えません。


しかし、打ってしまったものは仕方ありません。

このまま、手を進めたいと思います。(やけくそともいう。)


無題7


そして、14巡目、この形になりました。

前順に4を引き五萬を切りと
もはや自分でも何がしたいのかわかりません。

もうパニック状態です。

「え、えーと、どうしたらいいんだ……。
そ、そうだ、とりあえず両面を残しておこう…。」

と、六萬切りです。

しかし、どう見ても四、七萬の受けはフリテンになっており、
それどころか五六七の一面子を捨てています。


そして……


無題8


その六萬も通らず、結果対面に放銃してしまいました……。

その後ラス親でも挽回できず、
結局ラスのまま終局です。

いつも以上にひどいありさまですね……。

捨てた五六七を合わせれば、アガれてた匂いがぷんぷんです。

変に三色にこだわらずに、
とっとと(7)を切るべきでしたね…。

そうしていれば、アガりはともかく
少なくとも六萬は出ない牌です。

迷いに迷った結果、放銃とは
ひどい結果です。

やはり、麻雀に迷いは大敵ですね…。

まだまだ修行が必要です。


今回もかんばしくない成績で、
2級にはなれましたが、レートは大幅に下がったという結果です。

次回こそ、好成績になれるよう
頑張りたいと思います。

天鳳やってます (5)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は……
(3),(1),(3),(2),(3),(3),(3),(3),(2),(4)と、
引き続き3着ばかりのひどい成績になってしまいました……。

一応、本気でやっているのですが
毎回3着ばかりとってしまいます。


通算成績は以下の通りです。

  3級 30/ 100pt R1516
1位率 .185 対戦数   70  和了率.230
2位率 .300 平均得点 -2.47 放銃率.175
3位率 .300 平均順位  2.54 副露率.307
4位率 .214           立直率.201
飛び率 .000

ついに1着が2割を下回り、
成績があがらなくなってしまいました。

う~ん、このままではまずいですね……。



さて、今回は勘違いして失敗したこの局面を紹介します。

東4局、25000点持ち、南家。

原点のままオーラスです。

しかし、それでも2着目。

トップ目は34500点で、その差は9500点差。

満貫手を作れば、まだ逆転圏内です。

しかし、3着目は24200点持ちで、800点差。

少し無理をしたらすぐ3着に落ちてしまう状況です。

ここは、無理をせずに手を進めたいところです。

こんな配牌が来ました。


無題


一面子はありますが、ドラも絡まず
とても満貫にはならなそうな手です。

ひとまず、様子を見たいと思います。



無題1



すると、さっそく3着目の対面が
南と東をポンしてきます。

相当手が早そうです。

これではとても太刀打ち出来ません。



無題2



6巡目、なんとか手を進めてこの形まで来ましたが、
対面の捨て牌を見ると、ピンズのホンイツまでありそうです。

対面も、満貫をツモればトップに立てる立場。

とりあえず、ピンズは打たないようにしたいと思います。

すると……


無題3


同順、北をポンです。

なんと、南、東、北の三副露。

「まさか…小四喜!?
あ、いや違う 西は3枚切れてるか…。」

一瞬、焦りました。



無題4


次順、六萬を引いてこの形。

対面は役満気配ぷんぷんです。

「ククク、3枚切れてるならもう小四喜は出来まい…バカめ。」
と、高笑い気味に手拍子で發を切ると……。



無題5


えっ!?

なんと、ロンの発声。

「まさか…字一色!?



無題6


ではなく、東、北ホンイツの8000点でした……。

何か変な勘違いをしていて、普通の手の可能性を
すっぽり忘れていました。

バカは私でした。


満貫放銃で、ぎりぎりラスにならず
ラスと700点差の3着で終了という結果でした…。

それにしても、ひどい麻雀です。

どうもああいう鳴きを見ると役満を意識してしまい、
変な考え方をしてしまいます。

西は3枚切れているのだから、
あの手はブラフ(?)という謎の決めつけをしてしまいました。

ホントに字一色でなく、
3着で済んだだけ、まだラッキーですね……。

皆さんも、字牌三副露のときに
手拍子で字牌を切るのは気をつけましょう。(誰もしません)


今回は、攻めすぎの3着ばかりで成績もあがらず、
+30ポイントで終了という結果でした。

次回も、頑張りたいと思います。
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ