天鳳やってます (31)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は、
(3),(4),(3),(3),(3),(3),(2),(2),(1),(1)と、
最初は不調でしたが、徐々に挽回することが出来ました。

ラスも1回だけで、好調とは言い難いですが、
ようやく低空飛行から復活の兆しが見えてきました。


通算成績は以下の通りです。
  三段 170/ 1200pt R1612
1位率 .230 対戦数   330  和了率.224
2位率 .269 平均得点 -0.84 放銃率.173
3位率 .263 平均順位  2.50 副露率.310
4位率 .236           立直率.214
飛び率 .012

さて、今回は手を無駄にしたこの局面を紹介します。


東4局北家、15000点持ちの3着目。

オーラスで15000点と追い込まれていますが、
まだラスではありません。

ラス目は、対面で14700点持ち。

その差は300点と、かなり僅差の3着目です。

トップ目は、39900点持ちと
その差は24900点差。

だいぶ逆転は厳しい点差です。

ここは、堅実に3着狙いで局を進めたいところです。

最悪、1000点のみをアガっても構いません。

とにかくラスだけは避けたい状況です。

しかし…。


無題

「!?」

そんな思いとは裏腹に、いきなりよくわからない手が来てしまいました。

一見ヤオチュウ牌が多いですが、
七種しかなく、九種九牌も出来ません。

白を鳴けば軽くアガれそうですが、
既にオタ風の南が暗刻なため、混一色にも行けそうな手です。

堅実に行くならば、混一色にせずとも
役は白のみで十分といった状況です。

しかし、どうもこんな手を見るとうずいてしまいます。



無題1


すると、3巡目に9ツモ。

本来なら、いらない牌ですが…


「こんなツモが来たら、もう我慢でき~~ん!!
と、痺れを切らしたかのように打4です。

ついに我慢できなくなり、
国士狙いに行ってしまいました。

既に堅実に3着という考えは吹き飛んでしまい、
国士で逆転することしか頭にありません。

オーラスで国士狙いなどどう考えても無理筋ですが、
このツモが来るならまだわかりません。

案外、数順で張ってしまうなんてことも…。


無題2


しかし、そんな希望も虚しく
8巡目になっても、手に大した変化はありません。

西が1枚増えただけで、
対子手なのか国士なのかわけのわからない手です。

さらに……


無題3


「な、なんだこりゃ…?」

次順、4枚目の南を引き、
さらにわけのわからない形になってしまいました。

無謀なカンは大好きな私ですが、
さすがに、これをカンをしても意味がありません。

大人しく切っておきます。


無題4


さらに、12巡目になっても、
国士に必要なヤオチュウ牌は引かず、
9、西、發など対子系にばかり手が伸びてしまいます。

やりたいのは国士なのですが、
対子の牌ばかり引いてきてしまい、
混老頭みたいになってしまいました。

どうも上手くいきません。

手を無駄に消費している気がしてなりません。

そして…



無題5


13巡目、とうとう上家からリーチがかかってしまいました。

リーチが来た以上、
もう、この手ではほぼ国士は無理という状況です。

そして、一発目に引いてきたのがこの(6)。

さすがに、もう強気には行けません。

打九萬です。


無題6



しかし、その次順またも対子となる一萬を引いてしまい、
ついに混老頭でテンパイしてしまいました。

いつもの癖で、(6)を強打してしまいましたが
何とか通ったようです。

さらに、その次順この1を引きました。

(9)は場に3枚切られており、カラテンでしたが、
引いてきた1は場に2枚。

もちろん、打(9)で、混老頭の1単騎にとります。

期待薄ですが、まだアガる可能性は残っています。

案外、上家からあっさり出ることも…


無題7


しかし、そんな期待も叶うことなく、
あっさりと上家がリーチをツモアガり、
終局となりました…。

やはり、無謀な挑戦でしたかね……。


国士狙いは叶わずでしたが、
最初から混一色に狙いを絞っていれば、
まだ可能性があったかもしれません。

何にせよ、この手とこの捨て牌でアガれないのは
もったいないですね…。

今見ると、上家の待ちは
(2)(5)(8)の三面待ち。

(6)も(9)も、相当危ない牌でしたね……。

今回はたまたまラスになりませんでしたが、
こうなると、むしろラスにならなかったのが奇跡なぐらいですね…。

国士にならない以上、
見切りをつけて降りておくべきでした。

まだまだ、状況判断が足りませんね…。


さて、今回はなんとか連勝することができ、
+50ポイントで終了することが出来ました。

なんとか降格寸前から脱出出来ましたが、
まだまだ安心は出来ません。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。

天鳳やってます (30)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は……
(1),(2),(3),(3),(3),(4),(3),(2),(2),(3)と、
またもぱっとしない成績で終わってしまいました…。

ですが、今回はラスが1回だけで
まだ傷が浅くすんでいます。


通算成績は以下の通りです。
  三段 120/ 1200pt R1606
1位率 .231 対戦数   320  和了率.226
2位率 .271 平均得点 -0.65 放銃率.172
3位率 .256 平均順位  2.50 副露率.311
4位率 .240           立直率.216
飛び率 .009

さて、今回は強欲に行ったこの局面を紹介します。

東2局、19900点持ちの南家。

12000と1000・2000をツモられ、
まだ振り込んでもいないのに同着3位という状況です。

トップ目は、34900点持ち。

挽回するためにも、
ここで一アガりしたいところです。

こんな配牌が来ました。


無題


一面子もなく、高い手にもならなそうな形です。

あまり良くない配牌ですが、
こんな手でもなんとかアガりに向かいたいと思います。


無題1


しかし、1巡目に北、
その後も6,9など
どうも偏った牌ばかり引いてしまいます。

まだ、一面子も出来ておりません。

そして、6巡目にこの白を引きました。

仕方ありません。

こうなったら…。


無題2


(6)(7)落としで、無理やり混一色に行きたいと思います。

毎度おなじみ、強引な混一色仕掛けです。

ドラが3なので、
これなら打点も十分です。

あとは、これが形になるのを待つだけです。


無題3


すると、8巡目に上家が打5。

もちろん、チーです。


無題4


さらに続く次順、打8。

これもチーして、打發です。

次々と欲しい牌を鳴かせてくれます。

あれだけひどい形だったのに、
またたく間に一向聴です。

しかも、気がついたら一通の形にもなっており完璧です。

あとは、この要のペン3が引ければ良いのですが……。


無題6


すると、次順赤5ツモ。

ペン3とは行きませんでしたが、
これはこれで嬉しい牌です。

これでかなり安定した形になりました。

すると、そこに上家が打3。

喉から手が出るほど欲しかった牌です。

これで、混一色一通ドラ2の満貫の聴牌です。

ノータイムで、チー!

しかし…


無題7


「!?」

なんと、チーしようと思った矢先、下家からポンの発声。

チーよりポン優先で、下家にドラが行ってしまいました。

まずいです。

これで、ペン3がほぼ死んだ形になってしまいました。

どうしたものかと思っていると…。


無題8


12巡目、上家から4。

もちろんチーなのですが、
残る形はどれも悪くなってしまいます。

ペン3は残り1枚で、
1,2も2枚ずつ切れて、単騎待ちにしても残りは1枚。

どれも、残り1枚ずつの聴牌です。

仕方ありません。

こうなったら……。


無題9


打北で、ペン3の一通の形にとります。

一番高くなる形を選びました。

いつもどおりです。

待ちは悪いですが、
これでもアガれないとは限りません。

まだ、自分でツモあがるか、
他家から出る可能性も残されています。

すると…。


無題10


次順、上家からリーチ。

ここまで押してきたのは、手牌が良かったからのようです。

手牌4枚では降りれませんが、
元から降りるつもりはありません。

むしろ、上家からアガリ牌が出る可能性が増えたというものです。

この手で、リーチを粉砕してやります。

すると…。



無題11


15巡目、終局間際、下家がなんとカン!

ドラの3を加槓です。

ということは……。



無題12



そう、なんとその3で槍槓です。

なんとも珍しい役をアガってしまいました。

満貫で十分なのに、跳満になってしまいました。

たまには、強欲に行くのも成功しますね…。


今見ても、凄まじいアガりですね…。

久々に槍槓をアガりました。

いつもならば、リーチに放銃してるところですが
強引に行って成功しましたね…。

むしろ、こんな手で強引に行くから負けるかもしれませんが……。

何にせよ、今回はアガれて良かったです。



さて、今回は何とかラスを抑え、
+20ポイントで終了となりました。

何とか降格はまぬがれましたが、
まだまだ降格寸前です。

次回も、プラスで終われるよう頑張りたいと思います。

天鳳やってます (29)

です。

今回も、天鳳で10回打ちました。

今回の成績は……。

(1),(2),(3),(3),(4),(4),(4),(2),(3),(1)と、
またも不調街道まっしぐらな成績でした……。

低空飛行を続けております。


通算成績は以下の通りです。
  三段 100/ 1200pt R1608
1位率 .235 対戦数   310  和了率.227
2位率 .270 平均得点 -0.42 放銃率.172
3位率 .248 平均順位  2.50 副露率.307
4位率 .245           立直率.219
飛び率 .009

さて、今回は焦ってミスしたこの局面を紹介します。


東1局一本場、北家で25000点持ち。

前局に親が5800をアガり、
親が一歩リードという展開です。

ここは、こちらもアガって
親に追いつきたいところです。

こんな配牌が来ました。


無題



西の暗刻はあるものの、オタ風なので
仕掛けることが出来ません。

門前でじっくりこの手を育てたいと思います。



無題1

すると、2巡目に六萬、
4巡目に白を引き、こんな形になりました。

これで、かなり手牌が安定してきました。

これなら白を鳴いて仕掛けることも出来ます。

まだ東1局なので、2000点でも十分な局面です。


無題2


しかし、中盤を過ぎても白は出ないまま
手牌ばかり育っています。

既に一向聴で、白を鳴ければ聴牌なのですが
その白が出てきません。

どうしたものかと思っていると…


無題7


9巡目、上家から4が出ます。

「こっ、これだ~!」
と、勇んで4をチー。


無題3


これで5と白のシャボですが、
白でしかアガれない役牌のバックの形です。

これ以上待っていても、東風戦では不利になると思い
珍しく積極的に仕掛けます。

この仕掛けなら、タンヤオ形にも見えるでしょう。

これならば、あっさりと白が出ることも……


無題4


しかし、そんな希望も叶わず
12巡目、上家からリーチがかかってしまいました。

まずいです。

場を見ると、白は生牌。

リーチがかかってしまえば、
余計に白は出ないでしょう。

かといって、
まだ上家が白をつかむ可能性もあるため
ベタオリも出来ません。

すると…

無題5


なんと、流局間際の16巡目、
アガれない方の5をツモって来てしまいました。

ひどいことになってしまいました。

役牌のバックは、
こういうことがあることを忘れていました。


仕方ありません。

こうなったら、もうこの手はアガれません。

白を打って、聴牌維持です。


ん……?

ベタオリするなら、
聴牌にこだわらなくても西の暗刻落としでも十分なはず…。

いや、まあ、そこまでひどいことには……。


無題6


「ぎゃーー!!」

なんと、上家も白のバックで
降りていたはずなのに、見事放銃してしまいました……。

予想通り、ひどいことになってしまいましたね……。

聴牌維持のためだけに、
高い代償を払ってしまいました…。

裏ドラものり、満貫の放銃です。

この放銃が響いたのか、
結局この回はラスで終わってしまいました……。

ひどい麻雀ですね…。


白がないと思っていたら、
上家の手の中にずっとあったようです。

そりゃ出るわけがないですね…。

やはり、焦らず
じっくりと門前で行くべきでしたかね……。

そうすれば、最低でも放銃はなかったでしょう。


今みると、上家の待ちは白と(1)。

(1)は、対面の手の中に2枚で、
私が白を出さなければアガり目はありませんでした。

わざわざ、手牌の中から
当たり牌を出してしまったという結果です。

こういうことをやっていたら、
ラスをとってしまうのも無理はないですね…。

まだまだ、精進が必要です。



さて、今回も低空飛行を続け、
結果、-50ポイントで終局。

ぎりぎり降格にはなりませんでしたが、
少しラスを引けば、すぐ降格というラインです。

次回こそ、プラスで終われるよう頑張りたいと思います。
プロフィール

押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎ともうします。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、よかったら見てください。
目標は、四段R1800で特上卓に行くことです。

  • ライブドアブログ