天鳳やってます (39)

です。

今回も、天鳳で10回ほど打ちました。

今回の成績は……
(1),(3),(3),(2),(2),(3),(4),(4),(4),(1)と
トップを2回とっているものの、3着4着が多く、
だいぶ凹んでしまった成績でした…。


通算成績は以下の通りです。
  二段 690/ 800pt R1626
1位率 .226 対戦数   410  和了率.224
2位率 .273 平均得点 -0.98 放銃率.172
3位率 .263 平均順位  2.50 副露率.319
4位率 .236           立直率.204
飛び率 .017


さて、今回はヤケになって失敗したこの局面を紹介します。

東1局2本場、西家で10200点持ち。

まだ東1局ですが、
親に2連続放銃してしまい、
既に10000点しかありません。

自分一人だけしか凹んでおらず、
かなり不利な状況です。

もう、だいぶヤケになっています。

こうなったら、何がなんでもアガりに行くぞ!と思っていると…



無題1


こんな配牌が来ました。

三対子はあるものの、それ以外の形が悪く
バラバラと言っても良い配牌です。

こんな手で無理にいったら、
アガれるどころかまた放銃に回ってしまいそうです。

かといって、1巡目から降りるわけにも行きません。

こうなったら……



無題2


なんと、1巡目から怒りの赤5切りです。

ちっともアガれないので半ばヤケですが、
狙いがないわけではありません。

これによって、
他家に少しでも変化が起きてくれるのを
期待したいところです。

誰かが鳴いてくれたりしたら、
しめたものです。

とにかく、この状況では
少し変わった攻め方をしたいと思います。



無題3


すると、7巡目
西をツモりこんな形になりました。

だんだんとヤオチュウ牌が集まり、
国士無双みたいな形になってきました。

ですが、場に東が3枚、
發も3枚切れているため、
国士は難しそうです。

こうなったら、思い切って混老頭を狙ってみたいと思います。

まだまだ変わった攻め方を継続しますよ~。



無題4


すると、11巡目この(1)をツモりました。

その前順に西も暗刻になり、
だいぶ整った形になりました。

しかも、かなり高そうな手です。

あれだけボロボロだった配牌が嘘のようです。

やはり、変わった攻め方をして正解でした。

幸い、まだ誰も仕掛けてきません。

これなら、チャンスがありそうです。

しかし…


無題5


12巡目、下家からリーチ。

さらに…。



無題6


次巡、下家からリーチがかかってきてしまいました。

まいりました。

立て続けに2件リーチです。

いくら手が整ってきたとはいえ、
ここで放銃するのは避けたいところです。

ここで放銃してしまったら、
もうほぼラス決定です。

それどころか、最悪飛び終了になってしまいます。

しばらく大人しくしたいと思います。



無題7


すると、直後に九萬をツモり
この形。

混老頭というより、トイトイみたいな形になってきました。

そこへ、対面が打9。

大人しくしている予定でしたが、
こんな牌を見せられたら、我慢できません。

ノータイムで、ポン!


無題8


さらに、その直後下家が打(1)。

これも、続けざまにポン!

またたく間に、混老頭テンパイとなってしまいました。

混老頭トイトイ西で、満貫の手です。

思ったより安くなってしまいましたが、
この状況で満貫なら十分でしょう。

1は3枚切れているので、
南単騎で構えます。

2枚切れの、地獄待ちです。

2件リーチのこの状況なら、
誰かがつかめばアガれるはずです。

さあ、南をつかめ!と思っていると……



無題9


17巡目、この3を引いてきてしまいました。

やばいです。

下家には通っていますが、
上家には危ない牌です。

しかし……。

「このぐらい……
気合で通す!!!」
と気合十分にツモ切ると……


無題10
画像

「………。」

やはり、気合が通らず
上家に放銃してしまいました。

さらに…


無題11


振った3が裏にのり、
メンタンピンドラ3のハネ満です。

わずか東1局で、飛び放銃となってしまいました…。

ひどい結果ですね……。


やはり、押しすぎでしたかね……。

アガることばかり考えて、
つい強打してしまいました。

南を切って、流局でも十分な局面でしたね…。

むしろ、
最初から混老頭狙いなどせずに、
普通に手を進めるべきだったかもしれません。

そうすれば、普通の七対子であっさり
アガれていたでしょう。

何にせよ、危険な状態になったら
退かないと勝てないですね……。

まだまだ、危険察知能力が足りていません。


さて、今回は結果的にマイナスで終わり、
-20ポイントで終局となりました。

三段が遠のきますが、
まだ傷は浅いです。

次回こそ、プラスで終われるよう
頑張りたいと思います。

天鳳やってます (38)

です。

今回も、天鳳で10回打ちました。

今回の成績は……
(2),(4),(3),(3),(2),(3),(3),(2),(1),(1)と
3着が多い成績でした。

ですが、ラスが1回だけなので
まあまあな成績になっております。


通算成績は以下のとおりです。
  二段 710/ 800pt R1632
1位率 .227 対戦数   400  和了率.224
2位率 .275 平均得点 -0.88 放銃率.172
3位率 .262 平均順位  2.50 副露率.321
4位率 .235           立直率.205
飛び率 .015

さて、今回は無理に急いだこの局面を紹介します。


東2局、25000点持ちの親。

前局に2000点のアガりが出ただけで、
ほぼ場は動いていません。

そこに、親を持ってきました。

この親で一アガりして、勢いをつけたいところです。

こんな配牌が来ました。


無題1


一面子と頭が一つあり、悪くない配牌です。

これなら、すんなりと平和の形になりそうです。

ひとまず、ツモの様子を見たいと思います。



無題2


6巡目になり、こんな形の手になりました。

6,9、ドラの(1)などをツモり、
順調に手が進んでいっています。

そして、この(5)ツモで早くも一向聴です。

早さは申し分ないのですが、
6と西で対子が二つもあるのが気になります。

どちらかを先に引いてくれば、
両面リーチになり問題ないのですが……。

とりあえず、六萬切りです。



無題3


しかし、一向に有効牌を引かず
ムダヅモばかりです。

ついには、上家からリーチがかかってきてしまいました。

そこへ、2ツモ。

またムダヅモですが、
さすがにこれをツモ切るわけには行きません。

上家の捨て牌を見ると、
ソーズが1枚も捨ててありません。

ソーズはかなり危険です。

それどころか、
まさかのメンチンリーチまであるかもしれません。

何にせよ、この2は危険です。

仕方ありません。

ここは、西の対子落としで
一時撤退です。

チャンスがあれば攻めに回りたいところですが、
この状況では少々難しそうです。



無題4


しかし、14巡目3をツモりこの形。

回っているうちに、2、3とツモり
こんな形になりました。

これなら、まだテンパイ復活のチャンスがあります。

しかし、実は既に1を捨てており、
23の形はフリテンになっています。

さらに、捨てた六萬に七萬、八萬とかぶり
結果的に、河に二面子もさらしてしまいました。

既にアガっていたという結果です。

無理しない方が良いんじゃないか、という心の声が聞こえますが
聞こえないフリをして一向聴続行です。

1,4ツモに期待したいところです。



無題5jpg


すると、上家が打(4)。

「こっ、ここだ~~!
と、この(4)を勇み足でチー。

フリテンどころか、役無しの形にまでなってしまいましたが
問題ありません。

もはや、この巡目になってしまったら
アガるのは難しいでしょう。

むしろ、ここはフリテン役無しでも
テンパイを取るべきだと判断し、(4)をチーです。

打ち出す2は、対面が5を捨てているので
比較的安全なはずです。

あとは、この局が流局になれば
狙い通りです。

次局にアガりをかけたいと思います。


すると…


無題6


次巡、(8)ツモ。

早いうちから(9)、(7)が捨ててあるので
この辺なら大丈夫だろう、とツモ切ると……



無題6-2


なんと、それがまさかのロン。

見ると、ソーズの形は完成していて
待ちは(5)(8)。

捨て牌に、ビビリすぎてしまいました。

しかしまあ、リーチ平和の2000点なら大したことは……



無題7


「ゲッッ!」

しかし、やりすぎた私に罰を与えるかのごとく
まさかの裏3です。

まいりました。

リーチ平和ドラ3の満貫を食らってしまい、
またたく間にラス目まで落ちてしまいました……。



やはり、やりすぎましたかね……。

親だからという理由で、テンパイ欲しさに急いでしまいました。

鳴かなくとも良かったかもしれませんが、
その場合(8)は上家に流れ、ツモアガリです。

そうなるとツモもつき、ハネ満の親被りですが
他家も被害を被っている分、
まだそちらの方がマシでしたかね……。

二面子ミスった時点で、
素直に降りておくべきでした。

心の声には、素直に従っておくべきですね……。


さて、今回は3着ばかりの成績でしたが
ラスも少なく、+70ポイントで終了となりました。

じわじわと、三段昇格に近づいていっています。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。

天鳳やってます (37)

です。

今回も、天鳳で10回打ちました。

今回の成績は……
(1),(2),(4),(3),(3),(1),(4),(2),(4),(4)と、
ラス4回のひどい成績でした……。

ここ最近成績が良かったのに、
いっきに不調の波が来てしまいました。


通算成績は以下の通りです。
  二段 640/ 800pt R1627
1位率 .228 対戦数   390  和了率.225
2位率 .274 平均得点 -0.90 放銃率.171
3位率 .258 平均順位  2.50 副露率.320
4位率 .238           立直率.207
飛び率 .015


さて、今回はあわよくばを狙って失敗したこの局面を紹介します。


東2局一本場、5000点持ちの南家。

なんと、前局に親の18000を振り込んでしまい、
東2局で既に5000点しかありません。

もう飛び寸前です。

ここは、挽回するためにも
なんとかここで一アガりして
親番を迎えたいところです。


こんな配牌が来ました。

無題1


一面子はありますが、
それ以外の形があまり良くありません。

無理やり高い手を狙うなら下の三色が見えますが、
ここではそんな高い点数はいりません。

ともかく、1000点でもいいから上家の親を流したいところです。


無題2


5巡目、赤5を引き、こんな形になりました。

思ったよりツモが良いみたいで、
既に一向聴です。

真っ直ぐ行くなら(5)切りですが、
残った形がペン七萬、
六萬と8のシャボと形が悪いです。

ここは、アガりやすさを求めて打九萬です。

手をほぐす構えです。



無題3


すると、次順(6)を引きこんな形。

上手く(5)にくっつきました。

真っ直ぐ行くなら、ここで赤5切りですが……。

「先に(4)(7)を引いたら、六萬と8の弱い形になる…。
それに何より……赤を切るのはもったいない!!

と、なんとここで遠回りして打六萬です。

1000点でも良いと言ったのに、ここで欲が出てしまいました。

相変わらず、業が深いです。



無題4


すると、8巡目8を引き、暗刻になりました。

赤5を先に切っていれば、ここでテンパイです。

「や……やっちまった。」

しかし、やってしまったものは仕方ありません。

こうなったら、萬子を処理して
どうにかして赤5にくっつけたいところです。

もう、赤を切るという選択肢は消えてしまっています。

さらに……。


無題5


2巡後、カンチャンになる七萬をツモってしまいました。

これもまた、赤を先に切っていれば
テンパイになっていた牌です。

「や…やっちまった。(2回目)」

既に2回も失敗して、手はボロボロです。

しかし、それでも前に進むしかありません。

前巡に8を引き、4枚目になりましたが
ここではまだカンは出来ません。

テンパイの形になったら、カンをして
リーチをかけたいと思います。



無題6


そして、12巡目この(6)をツモりました。

もう、この形になったら
狙うのは赤5にくっつけての両面リーチです。

打(5)で、(6)を頭に固定します。



無題7


すると……

「な、なんだこりゃ…」

15巡目、(7)を引いてきてしまいました。

(5)を切らなければ、面子になっていました。

その後に(5)をツモ切りしているので、
(5)(5)(6)(6)(7)のリーチが打てていたところです。

ミスの博覧会です。

そして…。


無題8


次順、この三萬を引きました。

手牌にはいらない牌なので、容赦なくツモ切ると……



無題9

「ゲゲッ!」

なんと、対面のダマテンに放銃。

しかも、よく見るとメンホンドラ3という爆手です。

この放銃を食らって、残り5000点しかない私は
あっという間に飛んでしまいました……。


これだけミスしていれば、
放銃するのも当然ですね……。

やはり、赤に執着せず、とっとと切っておくべきでした。

最初の時点で切っておけば、
おそらくアガれていたはずです。

5000点しかないにしても、
まずは一アガリすべきでしたね……。

点数がなくなると、どうもあわよくばを狙ってしまいます。

まだまだですね。


さて、今回は4回のラスを食らってしまい、
結果、-60ポイントで終了となりました。

まだまだ、三段復帰の道は遠そうです。

次回は、トップをとれるよう
頑張りたいと思います。
プロフィール

押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎ともうします。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、よかったら見てください。
目標は、四段R1800で特上卓に行くことです。

  • ライブドアブログ