天鳳やってます (22)

です。

今回も、天鳳で10回打ちました。

今回の成績は………
(4),(1),(3),(3),(3),(3),(1),(1),(4),(3)と、
3着、4着続きの
ダメダメの成績でした……。

三段にあがってから、まったく成績があがらないままです。

このままだとまずいですね…。


通算成績は以下の通りです。
  三段 570/ 1200pt R1732
1位率 .245 対戦数   240  和了率.226
2位率 .279 平均得点 +0.70 放銃率.165
3位率 .258 平均順位  2.44 副露率.296
4位率 .216           立直率.222
飛び率 .012


さて、今回は欲に目がくらんで失敗したこの局面を紹介します。

東3局、北家で18600点持ち。


現在、ダンラス目です。

トップ目は30500点、次いで26900点、24000点と
私一人だけがへこんでいる状態です。

既に親がないので、ここで一アガりしたいところです。

こんな配牌が来ました。



無題



既に二面子あり、赤1と
だいぶ良さそうな配牌です。

これなら、高得点も期待出来そうです。

しかし……


無題1

なんと、3巡目トップ目からのリーチです。

「は、早すぎる……!」

九萬を引いて一通の目がでたのはいいのですが、
3巡目リーチでは、ほとんど降りる牌なんてありません。

困りました。


無題2


そして、4巡目三萬が暗刻になり、こんな形になりました。

手牌が進むのは良いのですが、安牌はないままです。

仕方ありません。

降りていても仕方ないので、
こうなったらやはり真っ直ぐいきたいと思います。

打3。


無題3


すると、6巡目見事一通となるこの二萬を引きました。

これでテンパイですが、待ちが悪く
自分で3枚使ってる三萬と(2)待ちの形です。

しかも、一通のみ。

さすがにこれではテンパイは取れません。

ここは、少し遠回りをして打(2)です。

赤(5)にくっつくのを期待したいところです。

しかし、どうも萬子の形が綺麗すぎて変な邪念が湧いてしまいます。



無題4


そして9巡目、うまい具合に(4)を引きこの形です。

運良くリーチに振らずここまで来ることが出来ました。

これで(3)(6)待ちのテンパイです。

役も平和一通ドラ1と、
7700点でリーチをかける必要もありません。

決して、リーチをかけたくないわけではありません。

せめて、ツモあがれば迷うこともないのですが……。


無題5


すると、11巡目上家から(3)が出ます。

本来なら、これでアガりのはずなのですが……。

「ここまで来て、こんな安い手でアガれるか~~~!」
と、なんとこの(3)をスルー

やはり、萬子の清一色に心を奪われてしまっていたようです。

二萬を引いてきた辺りからふつふつと気持ちが湧いてきてしまい、
こうなったら、もう誰も私を止めることは出来ません。(?)

一度スルーしてしまった以上、跳満、いや倍満をアガって
この勝負を決めてみせます。


無題6


そして、12巡目狙い通り萬子の九萬ツモ。

これで一向聴です。

手牌の(4)も、(5)も既に捨てており、
リーチに対して安牌です。

もう、何も心配することはありません。

このまま清一色に真っ直ぐ進むのみです。



無題7

すると、次順(4)ツモ。

空気の読めないツモです。

私としては、早く萬子をツモって欲しいところなのですが……。

ですが、これも安牌。

とりあえず(4)切りです。

完璧です。


すると……

無題8


「え~~~っ!?」

なんと、完全に安牌だと思っていた(4)が下家にロン。

しかも、よく見るとタンピン一盃口ドラドラと、手もぶっ高いです。

さらによく見ると、下家は親ではありませんか。

まったくノーマークでした。

この12000の放銃を喰らって、
私はラスになってしまいました……。

とほほ……。



また、私の悪いクセが出てしまいましたね……。

どうも手牌が整いすぎると、
一色に進んでしまうクセがあるみたいです。

ただの染め手をアガりたい人になってしまいました。

3万点差ぐらいあるならともかく、
この局面なら、7700でも十分でしたね……。

染め手を捨てる勇気を持たないと、
この先昇級出来そうにもないですね……。

まだまだ、頑張ります。



さて、今回もやや不調な回になってしまい、
結果、+20ポイントで終了となりました。

ポイントはいいとしても、レートが下がりっぱなしで、
ちっともR1800に届きそうな気配がありません。

せめて、トップを連荘で取らないと届かなそうです。

次回こそ、トップを取れるよう頑張りたいと思います。

天鳳やってます (21)

です。

今回も、天鳳で10回東風戦を打ちました。

今回の成績は……
(1),(3),(4),(4),(2),(4),(1),(3),(2),(1)と、
一着3回、ラスも3回と
またもや中途半端な成績でした……。

どうも最近成績が低迷しています。


通算成績は以下の通りです。
  三段 550/ 1200pt R1748
1位率 .243 対戦数   230  和了率.228
2位率 .291 平均得点 +0.98 放銃率.164
3位率 .247 平均順位  2.43 副露率.297
4位率 .217           立直率.225
飛び率 .013

さて、今回は状況判断を間違えたこの局面を紹介します。

東4局、北家で23400点持ち。

オーラスで、23400点の3着目です。

トップ目は32800点、2着が31500点と
少々離れた3着目です。

ここで逆転するには、最低でも満貫は欲しいところです。

こんな配牌が来ました。


無題


一面子あり、形も悪くない配牌ですが
このままだと安そうな聴牌になりそうな手です。

ドラも北なので、手に絡めづらい形です。

とりあえずは、真っ直ぐ手を進めたいと思います。



無題1


そして、5巡目四萬を引きこんな形になりました。

順調に手が進んでいます。

二萬を切れば一向聴ですが、
それでは予想通りリーチのみの安い手になりそうです。

ここは、少しでも手を高くするため
3を先に切って平和狙いにしたいと思います。


しかし、下家のチーが気になります。

下家は、ラス目の親。

ここで、ピンズの染め手で一気に逆転をするつもりでしょう。

少々警戒したいところです。


無題2


すると、7巡目五萬ツモ。

絶好の一向聴になりました。

しかし、やはり安い手のままです。

一瞬、七萬か九萬を切って
一通かタンヤオに持っていくべきか、とも思いましたが、
それは少しやりすぎでしょう。

ここは、二萬を切って普通の一向聴に構えたいと思います。


すると……。

無題3

「来た!」

8巡目、2を引いて聴牌です。

こんなものは当然……
リーチ!

無題4


……あれ?

手を高くするつもりだったのに、
テンパイしたのが嬉しくて、
思わずノータイムでリーチをかけてしまいました。

どう見ても、この手はドラなしリーチ平和のみの2000点。

裏が乗っても3900で、
2着目から直撃しても、順位は変わりません。

ただの意味なしリーチです。

やってしまいました。

しかし、これでもまだ
逆転の可能性が残ってないわけでもありません。

誰かがカンをするとか…、
ツモって裏が三つ乗ることがあればあるいは…………。


無題5


しかし、そんな夢みたいなことが起こるわけもなく、
10巡目、逆に上家からリーチが来てしまいました。

このリーチで、
直取りしてアガれば2着目に浮上する目も出てきましたが、
さすがにもうそこまでは望みません。

一刻も早く、平穏に終わることを願うばかりです。

ここで最悪なのは、ラス目の親に連荘されて、
逆転されてしまうことです。

それだったら、むしろリーチに振ったほうがマシかもしれません。

すると……。


無題6


13巡目、捨てた5でロンの声。

ようやく終局することが出来ました。

ラス目との差は11100点差。

この点差なら、大丈夫でしょう。

たとえ、満貫を振ってもラス目になるようなことは……



無題7


「ぎゃーーー!!」


なんと、そのまさかで
上家のリーチはリーチ発混一色一盃口で
ぴったり跳満の手です。

タイミングよく高目を振ってしまい、
見事ラスまで落ち込んてしまいました……。

やってしまいましたね……。


高い手が必要なのがわかっているのに、
反射的にリーチをかけてしまいました…。

やはり、ダマテンで手を進めるべきでしたね……。

そうすれば、高い手にならずとも、
せめて放銃せずにすんだはずです。

少しの油断で、大きな失敗へとつながってしまいました……。

痛い代償でしたね……。

今後は、気をつけたいと思います。


さて、今回も全体的に半端な成績で終わり、
結果、-10ポイントで終了となりました。

じりじり、レートもポイントも下がっていっています。

次回こそ、トップを取れるよう
頑張りたいと思います。

天鳳やってます (20)

です。

今回も、天鳳で10回ほど打ちました。

今回の成績は………
(2),(4),(2),(2),(1),(3),(2),(4),(2),(1)と
2着が多めの、微妙な成績でした……。

どうもいまいち波に乗り切れず、
トップを逃すことが多いです。


通算成績は以下の通りです。

  三段 560/ 1200pt R1759
1位率 .240 対戦数   220  和了率.227
2位率 .295 平均得点 +0.90 放銃率.165
3位率 .250 平均順位  2.43 副露率.299
4位率 .213           立直率.225
飛び率 .013

さて、今回は東1局に起きたこの悲劇の局面を紹介します。


東1局、北家で25000点持ち。

始まったばかりで、まだ点棒の移動がない平たい状態です。

北家なので、とりあえず様子を見ながら打ちたいところです。


こんな配牌が来ました。


無題



二面子あり、まあまあの配牌です。

育てれば789の三色もありそうで、
期待出来そうです。

とりあえず真っ直ぐ進めたいと思います。

無題2


すると、いきなり対面が二副露。

手が早いようです。

さすがにまだ聴牌はしていないでしょうが、
注意が必要です。

そこへ、一萬を引きました。

これで、遠いですが一通の目も出てきました。

ひとまず3が切れたので、打2です。


無題3

すると、次順対面が(5)をチー。

まだ始まったばかりだというのに、もう三副露です。

さすがに、そろそろ聴牌を警戒した方が良さそうです。

しかし、私の手はそれほど育っていません。

これは、対面の和了で終局か…
と思っていると…。


無題4


9巡目、親からのリーチがかかってしまいました。

しかも、赤五萬切りリーチ。

点数は安いかもしれませんが、親ということもあり、
振り込みに気をつけたいところです。

大人しく、降りていたほうが良さそうです。

これで、対面と親の一騎打ちでしょうか。

すると……。


無題5


上家の一発目に打七萬。

かなり強い牌を一発目から切ってきます。

しかし、これを鳴けば一発消しもでき、
一通の目もできます。

五萬も、リーチの安牌なので、
この状況なら比較的出やすいそうです。

ですが、余剰牌が6,8、赤(5)筒と
親の危険牌ばかりです。

悩んだのですが……。

ここは、安全をとってスルーすることにします。

これで、いよいよリーチと対面の対決です。

私は高みの見物です。


無題6

しかし、二人共なかなかツモらず振り込まずです。

対面も、早めから鳴いているのに
ついには12巡が過ぎてしまいました。

こうしているうちに、手の中の安牌もなくなりそうです。

早く決着がついてくれ、と思っていると……。

無題7


「え、ロン?」

なんと、対面が捨てた西でロンの声。

しかも、無警戒だった上家から。

一瞬七対子か、と思いましたが
よく見ると上家の捨て牌はとても特徴的な仕上がりです。

しかも、西は自分が2枚捨てています。


ま、まさか…………。


無題8


「!!!?!」

そう、なんと、上家の手は国士無双です。

オメデタイことに、対面と親に夢中で、
上家の捨て牌をまったく見ていませんでした。

まさか、国士無双とは……。

対面の飛びで、終了です。

これにより、リー棒の差で親が3着になり
何もしていない私が2着で終了となりました……。

放銃は放銃でも、勝負が決まってしまう放銃でしたね……。


危なかったです。

西を掴んでいたら、私も安牌だと思って意気揚々と切っていたところです。

やはり、七萬を鳴いて一通を狙うべきでしたかね……。

そうすれば、ツモ順がかわり
結果も変わっていたかもしれません。

しかし、リーチの時点で上家は国士一向聴。

鳴いても、鳴かなくても結果は一緒かもしません。

むしろ、当たり牌を引かなかっただけマシですかね……?



さて、今回は2着続きの展開で、
あがったりさがったりで、+30という結果でした。

いっときは1800あったレートもあがらず、停滞続きです。

次回こそ、良い結果になるよう
頑張りたいと思います。
プロフィール

押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎ともうします。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、よかったら見てください。
目標は、四段R1800で特上卓に行くことです。

  • ライブドアブログ