天鳳やってます (16)

です。

今回も、天鳳で10回打ちました。

今回の成績は……
(1),(1),(1),(2),(2),(1),(2),(1),(4),(3)と、
1着2着ばかりの好成績でした。

ラスも1回だけなので、だいぶ成績があがりました。

通算成績は以下の通りです。

  二段 720/ 800pt R1788
1位率 .250 対戦数   180  和了率.229
2位率 .288 平均得点 +0.99 放銃率.170
3位率 .244 平均順位  2.42 副露率.299
4位率 .216           立直率.213
飛び率 .016


さて、今回はミラクルが起こったこの局面を紹介したいと思います。

東1局、親、25000点。

まだ始まったばかりの東1局です。

皆原点なので、そこまでガツガツあがりに行く必要はありませんが、
親なので出来れば攻めたいところです。

5巡目、こんな形になりました。


無題


まだそこまで手が育ってなく、
5巡たってもまだ一面子しかありません。

とりあえず、ツモに期待して白切りです。


無題1


すると、7巡目に8、
8巡目に6を引き、こんな形になりました。

ようやく、手牌が潤ってきました。

(8)(9)のペンチャン落としをして、
手を進めます。



無題2


すると、切った(8)を下家がチー、
三萬を対面がチーです。

皆、東一局から攻めているようです。

下家はタンヤオ、対面は三色の仕掛けでしょうか。

一応、私の手は一向聴ではあるものの、
このままでは安い手のままです。


すると…


無題3

11巡目、暗刻の6を引き、
予想どおり安い手の聴牌になってしまいました。

4を切ってリーチすれば、一応カン三萬待ちの聴牌ですが……。

「こんな安い悪形の聴牌、とれるか~~~!」
と、打二萬。

強気の一向聴戻しです。

このままだと三,六萬を引いても安い手のままですが、
狙いはそこではありません。

このブログを見てる人ならもうお分かりでしょうが、
このままこの手をチンイツにまで持っていきたいと思います。

あわよくば、メンチンにまで持っていきたいところです。

無題4

しかし、あれからソーズを引くこともなく、
この形のまま手詰まりしてしまいました。

対面も三副露しており、いよいよ時間がありません。

そこへ、上家が5を切ってきました。

もう15巡目で、流局間際です。

仕方ありません。

このままでは手も進まないので、この5をチーです。


無題0


チーして聴牌したのはいいのですが、
やはり、あれから手は進まないままです。

さらに、この土壇場で上家も二副露。

皆、切羽詰まっています。

もはや、(自分以外)誰がアガってもおかしくない状況です。

自分の手は、チーしたのはいいのですが
役無しの三六萬待ち。

やはり、チンイツ狙いはやりすぎだったかと思っていると……。



無題5

上家が、打3。

「こっ、これだ!!」

思わず、この3をチーです。

これをチーすれば、チンイツも狙えて
聴牌も維持出来る形です。

完璧です。

チーして、打五萬。

まだ、ギリギリ一回のツモが残されています。

これで、チンイツをテンパることが出来れば……。


無題6


しかし、そううまくいくはずがなく、
二萬を引いて、この形になりました。

やはり、チンイツ狙いは無謀だったようです。

仕方ないので、このまま聴牌を維持して流局したいところですが……。

よく見たら、二萬も、四萬も、6も危なそうです。

気がついたら、手の中は危険牌だらけです。

ここは、下家と対面のタンヤオをケアして打9です。

すると、切った瞬間若干の間が。

下家も対面もタンヤオなのにおかしいなと思っていると、
よく見たら上家はトイトイの手です。

しかも、9は生牌。

「ま、まさか……やっちまったか!?」
と思っていると…

無題7


なんと、上家がカン。

9は、暗刻だったようです。

しかし、この土壇場でカンとは……。

すごい度胸です。

何にせよ、放銃しなかっただけありがたいです。

このまま流局か、と思っていると……。


無題8


「!?」

なんと、最後のツモで、
三萬をツモってしまいました。

タンヤオハイテイで、1000オールです。

結局最初の聴牌と同じカン三萬待ちですが、
まさか、こんなアガリ方をしてしまうとは……。

自分でも、びっくりです。

この奇跡的なアガリがきいたのか、
なんとかトップで終了することが出来ました。

いつもなら、9で放銃してしまってもおかしくありませんでしたが、
たまには無茶苦茶するのも上手く行きますね……。

まさに、ミラクルです。


さて、今回は全体的に調子がよく、
+190ポイントで終了し、レートも80ほどあがりました。

この調子なら、四段までスムーズに行けそうです。

来年も、この調子で頑張りたいと思います。

それでは、皆様良いお年を。

天鳳やってます (15)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は…………
(3),(3),(2),(4),(1),(2),(4),(1),(1),(4)と、
またも中途半端な成績でした……。

どうも、半端な成績から抜け出せないままです。


通算成績は以下の通りです。
  二段 530/ 800pt R1708
1位率 .235 対戦数   170  和了率.224
2位率 .288 平均得点 -0.17 放銃率.172
3位率 .252 平均順位  2.46 副露率.295
4位率 .223           立直率.209
飛び率 .017


さて、今回は欲が出てギリギリ失敗したこの局面を紹介したいと思います。

南1局、23900点持ちの西家。

東風戦ですが誰も30000点を越えず、
南1局まで来てしまいました。

私は、23900点持ちの3着目。

トップ目は、28300点持ち、
ラス目も23000点持ちと
皆競り合った状況です。

誰がトップになってもおかしくありません。

自分も、ここでトップを目指して
アガりに行きたいと思います。

4巡目、こんな手牌になりました。


無題

対子の四萬を引きましたが、
あまり良い形とは言えません。

点数はもちろん、
アガるだけでも一苦労しそうな手です。

さらに、既に下家が(6)(7)の両面をチー。

グズグズしていると、あっという間にアガられそうです。

いっそのこと、萬子をポンして
無理ホンイツにでも行こうかと考えていると……

無題1

次順に2、
二巡後に八萬を引いて、この形になりました。

立て続けに対子を引きました。

こうなったら、もう迷いません。

この形なら、七対子一本で手を進めたいと思います。

打6です。


無題2

すると、12巡目この5を引いて聴牌。

だいぶ時間はかかりましたが、
ようやくあの手が聴牌までたどり着けました。

この手でアガれば、文句なくトップです。

とりあえず、九萬を切ってドラ単騎に構えます。


無題3

そして次順、この東を引きました。

よく見ると、自分の手はドラ単騎にせずとも、
七対子ドラ2で6400点。

どの単騎でも、アガればトップ終了です。

むしろ、ここはアガりにくいドラ単騎より
字牌の方が良いかもしれません。

しかも場を見ると、東は2枚切れ。

つかめば、誰でも出す牌です。

ここは、勇気を出して打(3)で
東単騎に構えます。


すると……。


無題4

(3)を下家がチー、さらに(7)を対面がチーです。

一気に場が煮詰まってきました。

これで、二人とも聴牌でしょうか。

対面はおそらくタンヤオですが、
下家はどうやらチンイツの手のようです。

ここに放銃するのは、できるだけ避けたいところです。


無題5

すると、15巡目、(6)ツモ。

予想したとおり、ピンズを引いてきてしまいました。

強気にツモ切ってもいいのですが、
よく見ると、ピンズは場にほとんど出ておりません。

この(6)は、下家だけではなく、
他家にも厳しい牌です。

ここは、大人しく東を切って(6)単騎に構えたいと思います。

だいぶアガりづらくなってしまいましたが、
仕方ありません。

せめて、放銃しないで切り抜けたいと思います。

すると…


無題6


流局間際の18巡目、またドラの(3)を引いてきてしまいました。

これも、超危険牌です。

しかし、(6)もとおる保証がない上、
(3)を残しておいてもフリテンです。

かといって、手を崩して降りるのももったいないです。

聴牌しておけば、他家から出る可能性もまだあります。

「こんなもので降りられるか!」
と勢い良くツモ切ると……



無題7

「そ、そっち!?」

なんと、対面のタンヤオ手に放銃してしまい、
終局してしまいました…。


親のタンヤオドラ2で、5800点です。

このアガりではまだ3万点越えがおらず、
続行となりましたが
次局でも挽回出来ず、
結局ラスで終了してしまいました……。

少々突っ込みすぎましたかね……。


今見ると、下家の手は(5)(6)待ちのチンイツ手。

もし(6)を切っていたとしても
下家に放銃してしまい、終了していましたね…。

どちらを切っても、詰みの状態でした。

むしろ、これなら最初からドラを切らず
抑え気味にしてた方が良かったかもしれませんね……。

挙句の果てに、
聴牌狙いでドラを切って放銃です。

攻めすぎるのも考えものですね…。



さて、今回もやはり中途半端な結果で終わってしまい、
+20ポイントで終了です。

じりじりとポイントは増えているとはいえ、
三段まで、まだまだです。

これからも、この調子で頑張りたいと思います。

天鳳やってます (14)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は…………
(3),(2),(2),(2),(3),(1),(2),(3),(4),(1)と
2着ばかりの、中途半端な成績でした…。

ですが、ラスも1回なため
全体的に成績はあがっています。


通算成績は以下の通りです。
  二段 510/ 800pt R1712
1位率 .231 対戦数   160  和了率.228
2位率 .293 平均得点 -0.07 放銃率.169
3位率 .256 平均順位  2.46 副露率.303
4位率 .218           立直率.210
飛び率 .018


さて、今回は意地をはったこの局面を紹介したいと思います。

東3局、33400点持ちで西家。

現在、33400点持ちでトップ目ですが、
2着目が32400点持ちと、
1000点差にまで追い込まれています。

オーラスを前に、ここでさらに突き放したいところです。

こんな配牌が来ました。



無題



既に配牌一向聴と、相当好配牌です。

対子が多く、高い手も狙えそうです。

このままツモに期待したいと思います。



無題1


すると、2巡目に赤5ツモ、3巡目に(8)ツモと
ツモにも恵まれています。

そして、4巡目にドラの六萬をツモりました。

4巡目にして、何を切るか迷う
贅沢な形です。

テンパイだけなら、おそらく赤5を切るのが一番手広いですが……。


ここは、タンヤオにならない(9)の受けを嫌って、
打(8)です。

これなら、どこをツモっても
跳満級の手になります。

これを引き上がって、トップを確定させたいところです。



無題2

すると、7巡目、
赤(5)をツモり、この形になりました。

更に盤石な形になった上、点数もあがる
完璧なツモです。

メンタンピンはもちろん、
三暗刻の手も狙える贅沢な手です。

すると…。


無題3


「ん?」

次順、下家からすぐに(4)が出ます。

これをポンすれば、3900テンパイですが、
さすがにこれほどの手を3900にするのは、
もったいなくて到底出来ません。

このまま要のパイを引いて、跳満、
いや、倍満までの手に育ててみせます。

そして……



無題4



「おおお!」

9巡目、待望の赤五萬を引いて、見事聴牌。

赤3枚入りという、超幸運な形です。

これで、メンタンピン一盃口ドラ4と
宣言通り、倍満の手になりました。

完璧です。

3,6,5待ちなら、容易にアガれるはずです。

この流れなら、一発でツモれてもおかしくありません。

これをアガって、トップを決めたいと思います。

リーチ!!



無題5


しかし、ツモれどもツモれども、まったく引く気配はありません。

それどころか、赤5を切ってリーチしていれば、
一発ツモだったという結果です。

「一体どうなっているんだ……」といらいらしていると、
なんとそこに2着目からリーチがかかってしまいました。

「この三面張に逆らうとは生意気な!」
とツモってきた一萬を切ると……。



無題6



なんと、それが上家に一発であたってしまい、
リーチ一発發の6400点に放銃してしまいました……。

点数はいいのですが、
この手をかわされてしまったことが痛恨な放銃です。

オーラスも挽回出来ず、
2着目のまま終了してしまいました……。

厳しい結果ですね…。



今見ると、上家の待ちの一、四萬待ちは
下家の手の中に3枚、対面に1枚四萬があり、
場にも一萬が2枚捨ててあるという
とても薄い待ちでした。

それを、一発で引いてしまうとは……。

手は幸運ですが、
不運な結果になってしまいましたね……。

やはり、途中で(4)をポンした方が良かったかもしれません。

3900になってしまいますが、高確率でアガれていたはずです。

高い手を狙う局面でもないのに、
意地になって高い手を狙いに行ってしまいました……。

まだまだ、状況判断は未熟なようです。



さて、今回は2着ばかりの成績で、
+80ポイントで終了です。

この調子が続けば、
三段にもなれそうです。

この調子で、次回も頑張りたいと思います。
プロフィール

押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎ともうします。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、よかったら見てください。
目標は、四段R1800で特上卓に行くことです。

  • ライブドアブログ