天鳳やってます (33)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は、
(3),(1),(2),(3),(3),(2),(1),(2),(4),(4)と、
またも半端な成績でした……。

途中まではラスなしで好調でしたが、
最後の二連続ラスでだいぶ凹んでしまいました。


通算成績は以下の通りです。
  二段 440/ 800pt R1585
1位率 .222 対戦数   350  和了率.222
2位率 .271 平均得点 -1.34 放銃率.174
3位率 .265 平均順位  2.52 副露率.312
4位率 .240           立直率.211
飛び率 .014

さて、今回は攻めすぎて失敗したこの局面を紹介します。

南1局、26400点持ちの西家。

東風戦ですが、オーラスになっても
誰も3万点を超えず、サドンデスで南1局に突入しました。

トップ目は、同着1位の28500点持ち。

私は、3着目という状況です。

3万点を超えれば即終了なので、
3900をアガればトップ終了です。

このオーラスは、あまりうかうかしていられません。

トップ目も2000点をアガればトップ終了なので、
出来る限り早くアガりたいところです。


こんな配牌が来ました。

無題1


正直あまり良くない配牌ですが、
こんな手でも、目標の3900の手を何とか作りたいと思います。

とりあえず、ツモにまかせて様子見です。


無題2


8巡目、5を引きこんな手牌になりました。

ようやくそれなりの形になってきましたが、
だいぶ時間がかかってしまいました。

とりあえず、ペンチャン落としで一、二落としです。



無題3


すると、11巡目この3を引きました。

これでようやく一向聴になりましたが、
北は既に2枚切れで、(2)は場に2枚切れです。

上手く(1)か(2)が入れば両面のテンパイですが、
先に三、六を引いてしまったら
かなり判断に困る一向聴になってしまいました。

どうにかならないかと思っていると……


無題4

次順、(4)を引きこんな形になりました。

絶好のツモです。

これで、どこを引いても両面になる
最高の形になりました。

上手く三か(5)を引けば、
高め三色の形にもなりますが
この状況ではそこまでの点数はいりません。

リーチをかけて、3900点で十分です。

とりあえず、周りへの安全も考慮して
北の対子落としです。

すると…


無題5


13巡目、上家がチー。


無題6


さらに、次順対面もチーです。

またたく間に状況が変化していきます。

この終盤でチーをしてきたということは、
二人共テンパイでしょうか。

いよいよ、まずい状況になってきました。

私の手は、ドラ受けの九萬が増えただけで、
ほとんど変化していません。

早くテンパイしろ!と思っていると……


無題7

15巡目、この(1)を引きました。

本来ならば、ツモ切りか九萬切りで良いところなのですが、
数巡の間に状況は変化しています。

既に(2)は4枚切れていて、(5)も3枚切れ。

私の手の(3)(4)の両面ターツは、ほとんど死に目です。

こうなったら、もうこの両面にほとんど価値はありません。

(4)切りで、両面を落とします。

この状況になっても、
まだ私はアガりを捨てておりません。

(3)か九を引いたら、このままリーチしたいと思います。

すると……

無題8



次順、なんと4枚目の(1)ツモ。

予想外の牌で、戸惑ってしまいました。

一応暗槓という手もあるのですが、
まだテンパイもしていない状態での槓はやはり不利です。

それよりも、この状況で親に降るのはなんとか避けたいところです。

親は、対面でラス目の16600点持ち。

他家にアガられるだけなら3着になるだけですみますが、
この親にアガられてしまったら
最悪私がラスになってしまうかもしれません。

降りるのならば(1)を4枚切るという手もあるのですが、
ここでもまだ、攻めの姿勢を貫いています。

しかし、この(3)はまだ大丈夫でしょう。

上家が(6)を鳴いているため、
親の(3)(6)待ちはありえません。

(2)も4枚切れなので、(2)(4)のカンチャンの形もありません。

かなり余裕を持って(3)を切ると……


無題9


「ゲッ!」

なんと、読みなどまったくお構いなしに(3)で放銃です。

浅はかな読みを笑うかのごとく、
シャボ待ちで粉砕されてしまいました。

しかも、良く見るとドラの八萬とのシャボ。

一番振ってはいけないところに、
親のタンヤオドラ3の11600点を放銃してしまいました……。


忘れていました。

両面もカンチャンもなくとも、
シャボ待ちという存在がありましたね……。

ここまでピンズが捨てられているのに、
(3)がほとんどないことに気づいて、
シャボ待ちをケアするべきでしたね……。

しかも、今見ると
私以外全員テンパイという形です。

なのに、この巡目でテンパイすらしていない形で無理にいったら 
放銃もしてしまいますね……。

やはり、(1)の4枚切りで降りておくべきでした。

二段になっても、攻めっ気はいつもどおりですね……。

このままだと、三段再昇段の道は遠そうです。

さすがに、初段にまで落ちないですよ。……多分。




さて、今回は最後の連続ラスが響き、
結局+40ポイントという結果で終わりました。

三段に昇格するためには、まだまだポイントが足りません。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。

天鳳やってます (32)

です。

今回も、天鳳で10回東風戦を打ちました。

今回の成績は……
(2),(4),(2),(3),(3),(3),(4),(4),(4),(2)と、
トップを1回もとれない、ひどい成績でした……。

そしてついに……



無題



度重なるラスにより、なんと二段に降格してしまいました。

これだけラスをとれば、当然ですね…。

もちろん、毎回本気で打っております。


通算成績は以下の通りです。
  二段 410/ 800pt R1579
1位率 .223 対戦数   340  和了率.221
2位率 .270 平均得点 -1.40 放銃率.174
3位率 .264 平均順位  2.52 副露率.314
4位率 .241           立直率.210
飛び率 .011



さて、今回は思わぬ落とし穴にハマってしまったこの局面を紹介します。

東1局一本場、西家で25000点持ち。

前局に九種九牌で流局し、
全員原点の1本場です。

まだ始まったばかりなので
無理に攻めなくても良いという局面です。

こんな配牌が来ました。


無題1


既に自風の西の対子があり、
東1局でこれなら西を鳴いて2000点でも十分という手です。

後は、この西が鳴けるかですが…。



無題2


親の第一打にあっさりと西が出て、役を確保することが出来ました。

早くも、手の方向性は固まりました。

このまま安手で攻めたいと思います。



無題3



するとその後、九萬と(4)を対子にし、
こんな形になりました。

そこへ、下家が打一萬。

少々焦った仕掛けかもしれませんが、
手が進むということもあって、
この一萬をポンして打二萬です。

後は、赤五萬の周りを引きたいところなのですが……。



無題4


しかし、ツモる間もなく
上家から九萬が出てしまいました。

こんなに早く仕掛ける気もなかったのですが、
鳴いても(4)の頭があるということで、思わずポン。

早くも三副露になってしまいました。

しかも、一萬、九萬、西の鳴きと
まるで混一色混老頭みたいな鳴きです。

ドラが東ということもあって、
これなら他家へのプレッシャーにもなります。

実際は、ただの2000点ですが……。



無題5


すると、出した中を対面の親がポン。

見ると、既に白まで鳴いています。

かなり危険です。

まだ巡目は早いですが、
警戒した方が良さそうです。

そこへ、次順三萬ツモ。

赤五萬にくっついたのは良いのですが、
待ちの悪いカンチャン待ちになってしまいました。

しかし、これでもテンパイはテンパイ。

打6で、テンパイにとります。

あとは、これがアガれれば良いのですが……。



無題6


10巡目、とうとう上家からリーチがかかってしまいました。

あれだけ急いでテンパイしたのに、
アガれない内に追いつかれてしまいました。

早仕掛けあるあるです。

この手を軽くアガりきりたいのですが、
萬子が異様に高く、
ほとんど場に出ない状況になってしまいました。

こんな鳴きをしていれば、
当然といえば当然ですが…。

こうなれば、ツモりきるしかない!と思っていると…。



無題7


15巡目、4枚目のこの一萬を引いてきてしまいました。

また妙な牌を引きました。

一萬はリーチに通っておらず、危険な牌です。

かといって、手の中には降りる牌はありません。

どうせ放銃するぐらいなら……



無題8

「思いきって、カン!!」

なんと、リーチがかかっているのに加槓です。

点数を増やす意味と、ツモを増やす意味もありますが
かなり無謀です。

さらに、引いてきたリンシャン牌が西!

もう、こうなったらもちろん…


無題9

続けて、カン!

無謀を通り越してムチャクチャです。

フリー雀荘でこんな手をアガってしまったら、
何点を申請したらいいのかもわかりません。

しかし、ここまでしてしまったからには、
是非ともアガりきりたいです。


無題10



すると、17巡目この二萬を引きます。

上家は萬子を一枚も切っておらず、
かなり危険な牌です。

相変わらず場にはほとんど萬子がなく、
怪しいニオイがぷんぷんします。

仕方ありません。

ここは、少し回して打(4)です。

ここまで暴れてしまったのに、手を崩してしまいました。


無題11


もう手の中は危険牌だらけで、降りる牌もありません。

すると、流局間際この東を引きました。

場を見ると、東は場に1枚切れ。

対面が切っているので、
これを切っても対面に放銃する心配もありません。

發も捨ててあるので、大三元という可能性も無さそうです。

さらに、リーチ後に東が捨ててあり
これを切っても上家に放銃することはないでしょう。

なんにせよ、この東は安全です。

ためらいなくツモ切ると……


無題12

「えっ!?」

なんと、上家の手に放銃。

リーチ後に捨ててあるのに…!?と思ったのですが、
よく見ると、対面が捨てた東は
ギリギリリーチの前に捨てた牌で、
フリテンにはなっていなかったようです…。

対面と私がバカスカ鳴きまくったせいで、
巡目がずれていたようです。

リーチ後に捨て牌を見たせいで、
てっきり通っているものだと思いこんでしまいました。

やってしまいましたね…。

この手だけだとリーチドラドラのみですが、
カン裏も合わせて、ドラが6つになり、
跳満の放銃となってしまいました……。

ひどい放銃です。


やはり、カン二つはやりすぎでしたかね……。

リーチ前ならまだしも、
リーチ後にこれだけカンしてしまったら、
こうなっても当然ですね……。

せめて、カンしていなかったら5200点の放銃で済んでいました。

最近は、珍しく積極的に鳴いているのですが
鳴きがヘタなのか、どうも悪い結果に繋がってしまっています。

手牌を縮めて、放銃するという
悪循環に陥っています。

そもそも、リーチ前の捨て牌ぐらい注目しとおけという話ですね……。

まだまだ、注意力が足りません。



さて、今回は全体的に不調で、
ついに二段降格となってしまいました。

レートも1500台まで落ち、
絶不調の最中です。

四段R1800が遠のいてしまいましたが、
まだ私は諦めていません。

次回こそ、トップを取れるよう頑張りたいと思います。

天鳳やってます (31)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は、
(3),(4),(3),(3),(3),(3),(2),(2),(1),(1)と、
最初は不調でしたが、徐々に挽回することが出来ました。

ラスも1回だけで、好調とは言い難いですが、
ようやく低空飛行から復活の兆しが見えてきました。


通算成績は以下の通りです。
  三段 170/ 1200pt R1612
1位率 .230 対戦数   330  和了率.224
2位率 .269 平均得点 -0.84 放銃率.173
3位率 .263 平均順位  2.50 副露率.310
4位率 .236           立直率.214
飛び率 .012

さて、今回は手を無駄にしたこの局面を紹介します。


東4局北家、15000点持ちの3着目。

オーラスで15000点と追い込まれていますが、
まだラスではありません。

ラス目は、対面で14700点持ち。

その差は300点と、かなり僅差の3着目です。

トップ目は、39900点持ちと
その差は24900点差。

だいぶ逆転は厳しい点差です。

ここは、堅実に3着狙いで局を進めたいところです。

最悪、1000点のみをアガっても構いません。

とにかくラスだけは避けたい状況です。

しかし…。


無題

「!?」

そんな思いとは裏腹に、いきなりよくわからない手が来てしまいました。

一見ヤオチュウ牌が多いですが、
七種しかなく、九種九牌も出来ません。

白を鳴けば軽くアガれそうですが、
既にオタ風の南が暗刻なため、混一色にも行けそうな手です。

堅実に行くならば、混一色にせずとも
役は白のみで十分といった状況です。

しかし、どうもこんな手を見るとうずいてしまいます。



無題1


すると、3巡目に9ツモ。

本来なら、いらない牌ですが…


「こんなツモが来たら、もう我慢でき~~ん!!
と、痺れを切らしたかのように打4です。

ついに我慢できなくなり、
国士狙いに行ってしまいました。

既に堅実に3着という考えは吹き飛んでしまい、
国士で逆転することしか頭にありません。

オーラスで国士狙いなどどう考えても無理筋ですが、
このツモが来るならまだわかりません。

案外、数順で張ってしまうなんてことも…。


無題2


しかし、そんな希望も虚しく
8巡目になっても、手に大した変化はありません。

西が1枚増えただけで、
対子手なのか国士なのかわけのわからない手です。

さらに……


無題3


「な、なんだこりゃ…?」

次順、4枚目の南を引き、
さらにわけのわからない形になってしまいました。

無謀なカンは大好きな私ですが、
さすがに、これをカンをしても意味がありません。

大人しく切っておきます。


無題4


さらに、12巡目になっても、
国士に必要なヤオチュウ牌は引かず、
9、西、發など対子系にばかり手が伸びてしまいます。

やりたいのは国士なのですが、
対子の牌ばかり引いてきてしまい、
混老頭みたいになってしまいました。

どうも上手くいきません。

手を無駄に消費している気がしてなりません。

そして…



無題5


13巡目、とうとう上家からリーチがかかってしまいました。

リーチが来た以上、
もう、この手ではほぼ国士は無理という状況です。

そして、一発目に引いてきたのがこの(6)。

さすがに、もう強気には行けません。

打九萬です。


無題6



しかし、その次順またも対子となる一萬を引いてしまい、
ついに混老頭でテンパイしてしまいました。

いつもの癖で、(6)を強打してしまいましたが
何とか通ったようです。

さらに、その次順この1を引きました。

(9)は場に3枚切られており、カラテンでしたが、
引いてきた1は場に2枚。

もちろん、打(9)で、混老頭の1単騎にとります。

期待薄ですが、まだアガる可能性は残っています。

案外、上家からあっさり出ることも…


無題7


しかし、そんな期待も叶うことなく、
あっさりと上家がリーチをツモアガり、
終局となりました…。

やはり、無謀な挑戦でしたかね……。


国士狙いは叶わずでしたが、
最初から混一色に狙いを絞っていれば、
まだ可能性があったかもしれません。

何にせよ、この手とこの捨て牌でアガれないのは
もったいないですね…。

今見ると、上家の待ちは
(2)(5)(8)の三面待ち。

(6)も(9)も、相当危ない牌でしたね……。

今回はたまたまラスになりませんでしたが、
こうなると、むしろラスにならなかったのが奇跡なぐらいですね…。

国士にならない以上、
見切りをつけて降りておくべきでした。

まだまだ、状況判断が足りませんね…。


さて、今回はなんとか連勝することができ、
+50ポイントで終了することが出来ました。

なんとか降格寸前から脱出出来ましたが、
まだまだ安心は出来ません。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。
プロフィール

押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎ともうします。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、よかったら見てください。
目標は、四段R1800で特上卓に行くことです。

  • ライブドアブログ