天鳳やってます (20)

です。

今回も、天鳳で10回ほど打ちました。

今回の成績は………
(2),(4),(2),(2),(1),(3),(2),(4),(2),(1)と
2着が多めの、微妙な成績でした……。

どうもいまいち波に乗り切れず、
トップを逃すことが多いです。


通算成績は以下の通りです。

  三段 560/ 1200pt R1759
1位率 .240 対戦数   220  和了率.227
2位率 .295 平均得点 +0.90 放銃率.165
3位率 .250 平均順位  2.43 副露率.299
4位率 .213           立直率.225
飛び率 .013

さて、今回は東1局に起きたこの悲劇の局面を紹介します。


東1局、北家で25000点持ち。

始まったばかりで、まだ点棒の移動がない平たい状態です。

北家なので、とりあえず様子を見ながら打ちたいところです。


こんな配牌が来ました。


無題



二面子あり、まあまあの配牌です。

育てれば789の三色もありそうで、
期待出来そうです。

とりあえず真っ直ぐ進めたいと思います。

無題2


すると、いきなり対面が二副露。

手が早いようです。

さすがにまだ聴牌はしていないでしょうが、
注意が必要です。

そこへ、一萬を引きました。

これで、遠いですが一通の目も出てきました。

ひとまず3が切れたので、打2です。


無題3

すると、次順対面が(5)をチー。

まだ始まったばかりだというのに、もう三副露です。

さすがに、そろそろ聴牌を警戒した方が良さそうです。

しかし、私の手はそれほど育っていません。

これは、対面の和了で終局か…
と思っていると…。


無題4


9巡目、親からのリーチがかかってしまいました。

しかも、赤五萬切りリーチ。

点数は安いかもしれませんが、親ということもあり、
振り込みに気をつけたいところです。

大人しく、降りていたほうが良さそうです。

これで、対面と親の一騎打ちでしょうか。

すると……。


無題5


上家の一発目に打七萬。

かなり強い牌を一発目から切ってきます。

しかし、これを鳴けば一発消しもでき、
一通の目もできます。

五萬も、リーチの安牌なので、
この状況なら比較的出やすいそうです。

ですが、余剰牌が6,8、赤(5)筒と
親の危険牌ばかりです。

悩んだのですが……。

ここは、安全をとってスルーすることにします。

これで、いよいよリーチと対面の対決です。

私は高みの見物です。


無題6

しかし、二人共なかなかツモらず振り込まずです。

対面も、早めから鳴いているのに
ついには12巡が過ぎてしまいました。

こうしているうちに、手の中の安牌もなくなりそうです。

早く決着がついてくれ、と思っていると……。

無題7


「え、ロン?」

なんと、対面が捨てた西でロンの声。

しかも、無警戒だった上家から。

一瞬七対子か、と思いましたが
よく見ると上家の捨て牌はとても特徴的な仕上がりです。

しかも、西は自分が2枚捨てています。


ま、まさか…………。


無題8


「!!!?!」

そう、なんと、上家の手は国士無双です。

オメデタイことに、対面と親に夢中で、
上家の捨て牌をまったく見ていませんでした。

まさか、国士無双とは……。

対面の飛びで、終了です。

これにより、リー棒の差で親が3着になり
何もしていない私が2着で終了となりました……。

放銃は放銃でも、勝負が決まってしまう放銃でしたね……。


危なかったです。

西を掴んでいたら、私も安牌だと思って意気揚々と切っていたところです。

やはり、七萬を鳴いて一通を狙うべきでしたかね……。

そうすれば、ツモ順がかわり
結果も変わっていたかもしれません。

しかし、リーチの時点で上家は国士一向聴。

鳴いても、鳴かなくても結果は一緒かもしません。

むしろ、当たり牌を引かなかっただけマシですかね……?



さて、今回は2着続きの展開で、
あがったりさがったりで、+30という結果でした。

いっときは1800あったレートもあがらず、停滞続きです。

次回こそ、良い結果になるよう
頑張りたいと思います。

天鳳やってます (19)

です。

今回も、天鳳で10回ほど打ちました。

今回の成績は、
(3),(3),(4),(4),(1),(3),(4),(2),(4),(3)と、
3着、4着ばかりのひどい成績でした……。

前回の好調っぷりが嘘のようです。


通算成績は以下の通りです。
  三段 530/ 1200pt R1741
1位率 .242 対戦数   210  和了率.223
2位率 .285 平均得点 +0.60 放銃率.167
3位率 .257 平均順位  2.44 副露率.301
4位率 .214           立直率.224
飛び率 .014

さて、今回は追い詰められたこの局面を紹介します。

東1局、北家、25000点持ち。

まだ始まったばかりの東1局です。

北家なので、そこまでガツガツ行く必要はありませんが
出来たらアガりたいところです。

こんな配牌が来ました。

無題


四対子で一面子もなしと、重い配牌です。

しかし、これなら育てば高い手にもなりそうです。

ドラも9と、これなら索子のホンイツに行くしかありません。

期待出来る配牌です。
無題1


すると、いきなり上家が打南。

これを1巡目からポンはないだろうとスルーしていたら、
下家から、すぐに2枚目の南が出てきてしまいました。

南はオタ風ですが、これを鳴かないと
後は七対子ぐらいしかありません。

かなり迷ったのですが、勇気を出してポンです

他家を牽制する意味でも、ポンをして前に進みたいと思います。


無題2


4巡目、早速北が暗刻になりました。

やはり、ポンをして正解でした。

迷いなくホンイツに行きます。

打六萬。


無題3

しかし、それからソーズをほとんど引かず、
まったく手が進みません。

そこへ、11巡目下家から3が出ます。

やっと鳴ける牌が出ました。

ドラが9なので、鳴いて打6です。

本当は、7を鳴いて両面待ちにしたいところでしたが、
仕方ありません。

このペン7で押し切りたいと思います。

無題4


すると、14巡目に対面が(6)をポン。



無題5


続く15巡目に東もポンです。

一萬の鳴きでホンイツかと思っていましたが、
どうやら、対面は東の後付けのようです。

それならば、恐れることはありません。

ガンガン前に進みます。

しかし、なかなか7が出てきません。

このまま流局か、と思っていると……


無題6



「来た!」

流局間際の18巡目、暗刻となる5を引きました。

完璧です。

これで、トイトイがついて跳満になりました。

8が2枚見えているため、
点数でも、枚数的にも打8でドラ単騎に構えます。

これをアガれば、もうトップはとったも同然です。

しかし……


無題7

「えっ、嘘!?」

なんと、その8が対面にあたり、
放銃してしまいました……。

しかも、よく見ると
8でも9でも振り込んでいたという形です。

点数的には安い2000点ですが、
この放銃が響いたのか、3着目で終了してしまいました……。


やはり、急いで鳴きすぎましたかね……。

いきなり南ポンせず、ゆっくり構えるべきだったかもしれません。

終盤なので、安全重視で北を捨てて聴牌維持という手もありますが
トイトイに目がくらんで真っ直ぐ行ってしまいました…。

しかも、上家の手の中に2枚ドラがあり
対面の手の中に7も3枚と
7,9両方アガり目は無かったようです。

どちらにせよ、この手は詰んでいたようですね…。

7999の形の満貫でなかっただけ、まだマシですかね…?

まだまだ、状況判断は甘々です。



さて、今回は全体的に調子が悪く、
-150ポイントで終了と、だいぶへこんでしまいました。

レートも大幅に下がり、挽回に時間がかかりそうです。

次回こそ、良い成績になるよう
頑張りたいと思います。

天鳳やってます (18)

です。

今回も、天鳳で10回東風戦を打ちました。

今回の成績は……
(2),(3),(3),(3),(2),(2),(2),(1),(1),(1)と、
なんとラスなしの好調な回でした。

前半はトップもなく半端な成績でしたが、
後半から調子があがり、三連勝でしめることが出来ました。

通算成績は以下の通りです。
  三段 680/ 1200pt R1824
1位率 .250 対戦数   200  和了率.228
2位率 .295 平均得点 +1.51 放銃率.165
3位率 .250 平均順位  2.41 副露率.300
4位率 .205           立直率.224
飛び率 .015

ついに、三段へと昇格しました!

レートもR1800を越え、超順調です。

この調子で行けば、目標の四段まで行けそうです。


さて、今回は欲が出たこの局面を紹介します。

東2局、北家で20000点持ち。

東1局起家に2000・4000をツモられ、
親カブりでラス目です。

失点を挽回するためにも、
ここで一アガリしたいところです。

こんな配牌が来ました。

無題


対子が多いですが、一面子もなく
重い配牌です。

とりあえず、西切りで様子見です。


無題1


すると、4巡目、こんな手牌になりました。

六萬と赤(5)を引き、一気に好形になりました。

これなら456や567の三色の形もあり、打点も十分です。

打2。

しかし、萬子の形を見ているとどうも誘惑されます。

このままピンズかソーズを引いてくれば迷わないのですが……。


無題2

そして、次順九萬ツモです。

手なりで打つなら、打八萬で十分なのですが……。


「こんなツモが来たら、もう我慢でき~~ん!」
と、打5です。

ついに、我慢出来なくなってしまいました。

しかし、こうなったらもう迷いはありません。

この手を、萬子の清一色にしたいと思います。


無題3


すると2巡後、二萬ツモで、さらに萬子が増えました。

早速456の面子をミスっていますが、もはや気にしません。


無題4


さらに次順、三萬ツモ。

これで、手の中が全部萬子になりました。

しかし、まだ聴牌の形にはなっておりません。

あと一牌、何か萬子が引ければ……。



無題5


「来た!」
そして、9巡目七萬ツモです。

うまい具合に萬子をツモり、
なんとあの配牌が、9巡目にしてメンチン聴牌です。

しかし、清一色ドラ1と点数は申し分ないですが、
このままでは、四萬と五萬のシャボ待ち。

聴牌出来たのはいいのですが、愚形です。

ここではまだ、リーチをかけられません。

打二萬で、ダマテンです。

すると……。


無題6


10巡目、対面からリーチがかかってしまいました。

さらに、上家が安牌の打三萬です。

この三萬をチーすれば、好形になり
リーチの現物を切って聴牌と
一見良いことづくめに見えますが、
ここでは仕掛けられません。

チーしたくなる気持ちを抑えて、
ここはグッと我慢です。

そして…。


無題7

こっ、これだーーー!!

なんと、次順八萬ツモ。

待ちに待ったかいがありました。

これで、平和も一通もつく最高の形になりました。

これならば、十分です。

九萬が安牌ですが、
もちろん七萬を切ってリーチです。

リーチ平和清一色一通ドラ1と、贅沢な形になりました。

この手が決まれば、倍満、三倍満、
いや、数え役満まで行けるかもしれません。

一気に期待が広がります。

しかし……


無題8

ツモれどもツモれども、
まったくアガり牌を引く気配がありません。

とうとうピンズの面子もかぶってしまい、
清一色を狙わなければアガっていたという結果です。

周りも現物ばかりで、アガり牌が出そうにありません。

「どうなってるんだ……。」
と内心焦りますが、まだ望みは捨てておりません。

対面が六萬をポロっと出してくれれば、
それだけで勝負は決します。

早くアガり牌を出してくれ、と願うと……



無題9


「なっ、何~~~!?」

14巡目、リーチをかけた対面が六萬をツモり、
終わってしまいました…。

六萬は六萬でも、まさかアガり牌とは……。

完全に、鼻っ柱をくじかれてしまいました。

この満貫ツモでさらに点棒がへこみ、
結局3着のまま終了してしまいました……。

う~~ん、やはりやりすぎましたかね……。


そこまで大きくへこんでいないので、
清一色など狙わずに普通の手をめざすべきでした…。

早めに萬子を払っていれば、
おそらく普通にアガれていたでしょう。

ついつい手が来ると、向こう見ずに突っ走ってしまいます。

しかも、今見ると私の待ちの三、六待ちは
それぞれの手にあり、
残りは正真正銘六萬が一枚のみでした。

あの六萬がアガり牌でなければ、私の和了だったのに……。

麻雀とは、ままならないものですね……。




さて、今回は運が良かったのか、
全体的に調子がよく、ラスもとらず
+130ポイントで終了となりました。

レートも、ヘマをしなければこのまま1800台を維持出来そうです。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。
プロフィール

押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎ともうします。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、よかったら見てください。
目標は、四段R1800で特上卓に行くことです。

  • ライブドアブログ