です。

今回も、東風戦を10回打ちました。

今回の成績は…
(3),(3),(1),(4),(3),(1),(4),(2),(4),(3)と、
またも3着、4着が多めの微妙な成績でした……。

申し訳程度に1着もとっていますが、
焼け石に水です。


通算成績は以下の通りです。
  三段 450/ 1200pt R1632
1位率 .226 対戦数   460  和了率.226
2位率 .276 平均得点 -1.04 放銃率.171
3位率 .260 平均順位  2.50 副露率.320
4位率 .236           立直率.201
飛び率 .019

さて、今回は欲望のまま攻めたこの局面を紹介します。

東2局、南家で17600点持ち。

まだ東2局ですが、
東1局に親が大爆発し、43700点持ちという大トップ目。

それに対して、私が17600点、
上家が19800点、下家が18900点と
下位三人がダンゴ状態になっております。

これだけ離れていると、
トップを目指すのは少々難しそうです。

もはや、誰が2位になるのかという勝負になっております。

微差とはいえラス目なので、
ここは果敢にアガりに向かいたいと思います。

こんな配牌が来ました。


無題1


一面子もないですが、
中張牌が多く、まとまりやすそうな手です。

とりあえずツモに期待です。


無題2


5巡目、順調に有効牌を引き
なかなか良い形になってきました。

ひとまずラスを抜けたいため、安い手でも良いのですが
この手なら満貫も狙えそうです。


無題7


そこへ、親が(9)ポン。

ピンズの染め手でしょうか。

ドラが(8)だけに、注意が必要です。

もし親の跳満なんかを振ってしまったら、
その場で飛び終了です。

そうなる前に、なんとかアガりきりたいところです。


無題3


そこへ、11巡目この赤(5)を引きました。

これで、456、567どちらの三色も狙える
良い手になりました。

手が高くなるのは良いのですが、
ここまで無駄ヅモばかりで
他の面子を全く引きません。

特に、配牌からある萬子の四,七は全く入りません。

一体どうなっているんだと思っていると……。


無題4


「ゲッ!」

なんと、13巡目に親が七萬の暗槓。

まったく引かないと思ったら、
どうやら親の手の中にあったようです。

しかも、七萬の暗槓ということは
親の手は染め手ではなく、トイトイということになります。

なんだか、きな臭い雰囲気です。

三色どころか、
このままではテンパイも難しそうです。

なんとか、手が進まないかと思っていると……


無題5


次巡、この4を引きました。

ようやく一向聴になりました。

567の三色は消えてしまいましたが、
四萬は1枚も見えておらず、
先に四萬を引けば確定三色です。

しかも、新ドラが四萬になり、
テンパイすればメンタンピン三色ドラ3と、
倍満確定の手です。

これはもう、押しの一手です。

容赦なく、打(8)。


ん………?(8)………

なにか忘れているような……。

「あ、ドラだ。」


無題6


「………。」

そして、この(8)が容赦なくロン。

しかも、新ドラの四萬もそこにあり、
トイトイドラ5で、親の跳満です。

悪い予感があたり、
親の18000を食らって飛んでしまいました……。




やはり、攻めすぎましたかね……。

トイトイ相手に、生牌のドラなんて
危険牌中の危険牌でした。

自分の手が良くなると、
能動的に前に進んでしまいます。

手だけ見れば押しの一手ですが、
この状況ではドラの(8)は一番切ってはいけない牌ですね……。

七萬も枯れ、四萬もほぼない以上
攻めていてもアガれない手でしたね…。

大人しく、降りておくべきでした。

まだまだ、精進が足りません。



さて、今回も成績がかんばしくなく、
結果、-60ポイントで終了してしまいました。

どうもここ最近落ち目続きです。

次回こそ、プラスで終われるよう頑張りたいと思います。