です。

今回も、天鳳で10回東風戦を打ちました。

今回の成績は………
(2),(1),(2),(4),(3),(3),(4),(1),(4),(3)と、
今回も4着3着続きの中途半端な成績でした…。

通算成績は以下の通りです。
  三段 440/ 1200pt R1617
1位率 .233 対戦数   560  和了率.226
2位率 .258 平均得点 -1.24 放銃率.175
3位率 .255 平均順位  2.52 副露率.315
4位率 .251           立直率.201
飛び率 .021

さて、今回は無理な攻め方をしたこの局面を紹介します。

東3局、15300点持ちの西家。

既に東3局で、
15300点しかありません。

東1局に7700を振り込んでしまい、
一人だけマイナスという状況です。

3着目も24000点と、
8700点ほど離されてしまっています。

ダンラス目で親もないので、
多少夢中でもアガりに行きたいところです。

こんな配牌が来ました。


無題1


やはり調子が悪いのか、二対子はあるものの
他はばらばらのひどい配牌です。

これでは、アガりにかけるのは少々難しそうです。


無題2

しかし、次巡なんと赤5ツモ。

序盤から嬉しいところをツモりましたが、
まだテンパイには程遠い牌姿です。

こうなったら……


無題3

6巡目、対面から出てきた4をポン!

あまりのツモのひどさに、
つい4をポンしてしまいました。

かなり遠すぎる鳴きですが、
ここから混一色を狙っていきたいと思います。

いつもどおりの、無茶染めです。

半分ブラフのような仕掛けですが、
この仕掛けがうまくいったらしめたものです。

他家の牽制の意味も込めて、
ガンガン前に進みたいと思います。


無題4


そして、10巡目
7をツモってこんな形になりました。

結局、ポンをしたのは効果があったのかなかったのか
テンパイとは程遠い形になってしまいました。

どうしたものかと思っていると……



無題5


次巡、対面から親リーがかかってきてしまいました。

非常にまずいことになりました。

私の手は、降りるのにも攻めるのにも
中途半端な形です。

しかも、ドラの九萬が手の中に浮いている形。

これが対子になればまだ効果もあったのですが、
こうなればただ危険なだけです。

こうなったら、初志貫徹で
攻めるとこまで攻めてみるしかありません。



無題6


すると、15巡目(7)を引き
こんな形になりました。

ものの見事にソーズをまったく引きませんが、
なんとか放銃せずにすんでいます。

心情的には攻めたいのですが、
もうそろそろ限界でしょうか。

降りるなら1を切れば良いのですが、
自分で(4)を通しており、(7)はスジです。

東も發も中もまだ全部見えておらず、
対子になれば有効な牌です。

「まあ、一応攻めてみるだけ攻めてみるか…。」
と(7)をツモ切ると……


無題7

「あっ…。」

なんと、(7)と中のシャボ待ちで、
対面に見事放銃してしまいました……。

やはり、変にスケベ心を出さないほうが良いですね……。

裏ドラも乗って、4800の放銃をしてしまった私は
その後も挽回出来ず、結局ラスで終わってしまいました……。


ひどい放銃ですね……。

変にスジなどを頼らず、
さっさと降りたほうが良かったですね…。

ほとんど勝負出来る目がないのに、
むざむざ攻めてしまいました…。

そもそも、攻めるにしても
4ポンするなという話ですが……。

せめて、もう少し手が整ってから
仕掛けるべきでしたね…。

そうすれば、まだ勝負出来る手格好になっていたかもしれません。

何にせよ、こんな放銃をしているようでは
四段はまだまだ遠そうですね…。



さて、今回もやや半端な成績で終わり、
-40ポイントで終局。

じわりじわりですが、どんどんポイントが下がっていっています。

次回こそ、プラスで終われるよう頑張りたいと思います。