上野御徒町はオフィス街でもある。

ランチタイムにはどこの飲食店でも
待っている人がいる。

逆に、昼時でも空いている店は
大体、数ヵ月後には潰れている。

狭い店舗で家賃も高く、行列が出来るようでなければ
黒字にならないというのが実情なのだろう。

しかも客が入るのはランチタイムの1,2時間だけだ。

だからなるべくたくさんの席を作り、
すし詰めにしてたくさんの客を入れようとするのもうなずける。

そして、そういう店は当然サービスも悪い。

客の立場からするとこれは辛い。

広々とした所でゆっくりと食べるのも
美味しさの内だと思うからだ。

多少高い金額を払っても
広々とした所で食べられるのであれば
私は行きたいと思うのだが、
店としては、やはりすし詰めにしたほうが儲かるらしい。

ちょっと高いが味はまあまあで、
客の少ない店が私は好きだが、
しばらく通ううちに結局潰れてしまう。

家賃の高さのせいなのか、これが現実である。

美味しくても、すし詰めの店や行列が出来ているような店は
足が遠のいてしまう。

インド料理屋の「アーンドラ・キッチン」も
そういう店の一つだ。

この店は御徒町の松坂屋の近くにある。

出来た頃に入ったと思う。

歩いていて、「こんなところにインド料理屋が出来たのか。」
と思った記憶があるからだ。

私は夜にはあまりインド料理屋には行かない。

夕食には日本酒が飲みたいからだ。

だからその時も昼時だったのだと思う。

ランチタイムを少し過ぎた頃だったかもしれない。

店はすいていた。

インド人の店員は大体愛想が良い。

「アーンドラ・キッチン」の店員も愛想が良く、
カタコトの日本語で、
ここが南インド料理の店であると教えてくれた。

確かに見たことのないメニューばかりだった。

私はすぐに気に入り、
ドーサや色んなものをアラカルトで頼んだ。

美味しかったので、
「御徒町でインド料理が食べたくなったら
アーンドラ・キッチンに行くと良い。」
と人にも勧めたし、私もその後何度か訪れた。

ところがしばらくして行ってみると、
店の空気がガラっと変わっていた。

段々と客が増え、
人気店になって来ているなとは感じていたが、
その日行ってみると店員が日本人になっていた。

この店員が愛想も素っ気もない。

メニューにドーサがないので聞いてみると、
カレーのセットしかないと答える。

セットというのはターリーとかミールスと呼ばれている
カレーとかナンとかライスが一つの皿に乗った定食のようなものだ。

こういうセットに入っている料理は、
多くの人が好むメニューで、変わったものは食べられない。

これではこの店の特色が消え、
ほかのインド料理屋とあまり変わらない。

客が多いのだから、
アラカルトなど面倒なのはやってられない、ということだろう。

しかもその店員は、
マシーンのようにどんどんテーブルに客を詰め込んでいく。

牛小屋の牛が餌をもらうようだった。

私はセットを食べて、残念な気分で店を出た。

もう来ないだろうなと思った。

「夜来てみたら、店の感じはどうだろう。」
とも思った。

しかし、夜は日本酒が飲みたい。

やっぱりもう行かないだろう。

いや…店の空気が変わっているかもしれないので
しばらくしたら行ってみようかな。