前回のインド食材店の話は10年ぐらい前の話である。

もうその食材店はない。

この店は竹町という地域にあった。

この地域は、江戸時代の町の区画が
そのまま現代に受け継がれているような場所である。

かつて長屋だった場所にそのまま人が住んでいたりする。

庭付きの家などほとんどない。

その中の空き家をインド人は借りていた。

「インド食材」などと書かれた立て看板があるだけで
店の名前もわからない。

入っていくと、中は倉庫のようになっていた。

店主が座るデスクが一つあって、
ノートパソコンがあった。

多分商品のデータが入っていたのだろう。

日本人向けというより、
インド人やインド料理店を相手に商売をしていたのだと思われる。

とにかく日本語が通じないことが困った。

「チャナダール(ひよこ豆を砕いたもの)」
という豆を買ったのだが、どう料理するのかが知りたい。

「How to eat?」と聞いてみたら、
「Boil ! Boil !」と火で燃やすジェスチャー。

なるほど、煮るのか。

でも、どのくらい煮るんだ?

「How much time?」と聞いてみると
「Ten minutes!」と店主。

「OK.OK.Thanks you.」
と店を出る私。

「Thank you very much.」
と送り出す店主。

私の英語力では
インド人とのコミュニケーションはこれで精一杯である。

本当はもっと詳しい事を聞きたいのだが
想像するしかないのである。

その店はなくなったが
インド食材店は他にもある。

インド人コミュニティにとって
こういう店はなくてはならないのであろう。

御徒町交番の近くに
ずいぶん昔からインド食材店がある。

ただし、同じ店がずっとあるわけではなく
場所(借りる店舗)を少しずつ変えて
ずっとそのあたりにインド食材店はある。

昔は前述の店のように名前もわからなかったが、
今はスパイシーフードネットワークという看板を掲げ、
日本人にも入りやすい店構えになっている。

先日そこへ行って、
チキンカレー用のカレー粉と
タンドリーチキン用のカレー粉を買いに行った。

日本人がカレー粉と言っている
スパイスを調合したものを
彼らはガラムマサラと言う。

これが用途別に十種類以上もあり、
しかも作っている会社がいくつもあって
何を買っていいかよくわからない。

それでやっぱり店番の兄ちゃんに聞くことになる。

やっとのことで商品を手にしたついでに
「どういう客が来るのか。
どういう人がオーナーなのか。」
などということを日本語で聞いたみたが
やはり全く通じない。

わかったことと言えば、
私の買ったカレー粉がインドの会社のものであり、
隣の棚はパキスタンの会社のものであるという事だけだ。

ところで私の他にその店に来ていた客は
中国人の女性二人連れであった。

一体ここはどこなんだ?