皆様、はじめまして。

 

です。

 押川雲太朗先生の下で、アシスタントをしています。

この度、先生がやっているブログ
押川雲太朗の万事いい加減からお引越しをする事となりました。


このブログの目標は、四段R1800以上で行ける特上卓です。

今後とも、よろしくお願いします。


 

 


さて、そんな気になる第1回目の成績はというと……
(3),(3),(4),(2),(4),(2),(2),(3),(2),(3),
(4),(1),(1),(4),(1),(4),(2),(1),(2),(3)
と、なんとも中途半端な成績になってしまいました……。

 

1着4回、2着6回、3着5回、4着5回と、
第1回目からかんばしくない成績です。

 

念のため言っておきますが、もちろん本気で打っています。

 

 

第1回目は、この局面を紹介します。


東4局、北家、21100点持ち。

 

オーラスで、少し離れた3着目です。

 

トップ目は40900点持ち、2着目も31000点持ちと
少々離れております。


対して、ラス目は7000点持ち。

 

チャンスがあれば逆転の手を作りたいところですが、
ここは、無理しないように

ラスにだけはならないように打ちたいと思います。

 

そこへ、こんな配牌が来ました。

 


はっきり言って、良くない配牌です。

 

これでは、どうしようもありません。

 

おとなしく打ちたいと思います。

 

 

 

 


しかし、なんと3巡続けて發のツモ。

 

發が暗刻になってしまいました。

 

これなら、案外なんとかなるかもしれません。

 

とりあえず二切り。



すると、なんと対面が二の大明槓。

 

ラス目とはいえ、無茶苦茶してきます。

 


さらに、トップ目の上家が8、

続けて五萬をチー。


こちらもこちらで、無茶苦茶してきます。

 

役牌の後付けでしょうか。

 

とりあえず、ツモってきた生牌の中を温存して、

(4)を切ります。



ドラが増えたのは嬉しいのですが、
押すには少々厳しい手になってきました。

 

もう10巡目、ちっとも手が進みません。

 

もし無理をして、ラス目に満貫でも降ったら
途端にラスです。

 

仕方ありません。

 

いざとなったら、發の暗刻落としで降りです。

 

とりあえず、(6)のツモ切り。


もうこの手ではアガるのは難しそうですが、
この点差では、そう簡単に着順は変わらないでしょう。

 

鳴いた二人に決着を任せて、
ゆっくり降りるだけです。

 

と思っていると…。

 


11巡目、上家が出した(3)で対面がロン。

 

なんと、トイトイタンヤオドラ5という爆裂な手で、
倍満です。

 

ば、倍満…?

 

と、いうことは……

 

 


ラス!

 

降っていないのに、
一気にラスまで落ちてしまいました……。

 

手厳しいです。

 

まさかあの手が倍満まであったとは……。

 

悠長に、降りている場合ではありませんでした。


大明槓も凄まじいのですが、
今見てみると、親の仕掛けは片アガりの789の三色の仕掛け。

 

テンパイしているのはいいのですが、
その後、自分で(6)を引いてツモ切っています。

 

役牌を警戒して、ずっと中を止めていたままでした……。

 

気合も、読みも、空振りしたままです。

 

第1回目からこれでは、
先が思いやられますね……。

 

不定期更新ですが、
次回も、また頑張りたいと思います。