です。

今回も、東風戦を10回打ちました。

今回の成績は………
(1),(2),(4),(1),(2),(2),(3),(2),(1),(3)と、
1着三回、2着四回と
まずまずの成績でした。

ラスも1回だけで、これなら上々です。


通算成績は以下の通りです。
  初段 200/ 400pt R1637
1位率 .240 対戦数   100  和了率.229
2位率 .280 平均得点 -0.47 放銃率.175
3位率 .250 平均順位  2.47 副露率.299
4位率 .230           立直率.203
飛び率 .010

ついに初段にあがりました。

だいぶゆるやかなペースですが、
これからも特上卓目指して頑張りますよ~。



さて、今回はギリギリで惜しかったこの局面を紹介します。

東4局、南家で42900点持ち。

東1局に6000オールを引き、それからも失点することなく
この点数です。

いつもとは違い、オーラスで余裕のトップ目です。

あとは、このオーラスをサッと流せばいいだけなのですが…。

面倒なことに、2着目が親です。

2着目は、22100点持ち、

気を抜けば、逆転されかねません。

そうなる前に、サッとアガりたいところです。

こんな配牌が来ました。

無題

並びは悪くなく、タンヤオで軽くアガれそうな手です。

ただし、ドラが東というのが気になります。

この東を親に鳴かれたら、その時点で12000点確定です。

このドラの扱いには、注意したいと思います。

すると……

無題1

3巡目、対面が東を出し、あっさりと鳴かれてしまいました。

もう12000点が確定です。

まずい状況になってしまいました。

こうなったら、こちらも喰ってでもアガりたいところですが……


無題2


6巡目、タンヤオにならない(1)を引いてきてしまいました。

とりあえず打(2)とする手もありますが、
頭が無くなってしまう上、タンヤオにならなくなってしまいます。

仕方ありません。

ここは、ツモ切りしたいと思います。



無題3

すると、次順親が(7)のポン。

そこに、赤五萬ツモです。

もう点数はいらないのですが、
三面張になったのは嬉しいです。

とりあえず、(7)もなくなってしまったので、
頭を固定する打(6)です。

やっと一向聴になりましたが、
ネックのリャンカン形が残ってしまいました。

先にこちらが埋まれば問題ないのですが……。


無題4


そう上手くは行かず、
9巡目、八萬を引いて聴牌です。

聴牌したのはいいのですが、
これでは出和了りは少々難しそうです。

とりあえず、打6でカン3に受けます。

このままツモアガりたいところです。

無題5

しかし、上家と対面が次々にチー。

これで、二人とも聴牌でしょうか。

対面は、17100点持ちのラス目。

ここで1000点アガれば3着浮上という状況です。

親に12000点をアガられるぐらいなら、
いっそ、ここに振り込むというのもアリです。

無題6

そして12巡目、この(2)ツモです。

意外なところが暗刻になりました。

ツモ切るか、2、4を切るかの選択です。

どれを切っても、あまりアガれなさそうな聴牌ですが……。

とりあえずここは、2を切っての4単騎です。

同順に2が捨てられていることもあって、安全重視です。

もちろん、この単騎でアガれるとは思っていません。

多面張になる牌を引いたら、4をたたっ切りたいと思います。

すると…


無題7

14巡目、四萬を引いてこの形になりました。

どう見ても多面張にはなっていませんが、
この四萬をツモ切るのは少々雑なような気もします。

私がアガりきるのが最高ですが、
親に放銃してしまったら最悪です。

とりあえず、ここは4を切っての四萬単騎です。

7を鳴いているので、
これなら親に対して多少は安全なはずです。

しかし、この形では私も身動きが出来ません。

このまま奇跡的に四萬をツモるか、
せめて流局になってくれと願うのですが……


無題8


願いむなしく、
親が四萬をツモって12000点の和了となってしまいました……。

なんと、ぴしゃり四萬がアタリ牌です。

それどころか、対面のアタリ牌も四萬という始末。

いつもだったら、ダブロン放銃という結果になっていたところですが、
抑えただけでもまだマシですかね…。

しかし、抑えても、ツモられてしまってはどうしようもありません。

続く東4局一本場も、あっさり親満をアガられ、
4万点もあったのに逆転されてしまいました……。

厳しい結果ですね…。


ですが、実は私も
捨て牌をあわせていたら既にアガっています。

リャンカン形にこだわらず、
さっさとソーズを捨てていればアガっていたという結果でした…。

抑えるだけでは、
どうにもならない場面もあるということですね……。


さて、今回はまずまずの成績で
初段になり、上級卓に行けるようにもなりました。

これからも、この調子で頑張りたいと思います。