です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は……
(4),(4),(1),(2),(4),(2),(4),(3),(4),(1)と、
ラスが5回の不調な回でした……。

いよいよ、不調の大波が来たようです。


通算成績は以下の通りです。
  三段 350/ 1200pt R1670
1位率 .240 対戦数   270  和了率.227
2位率 .281 平均得点 +0.38 放銃率.165
3位率 .244 平均順位  2.47 副露率.302
4位率 .233           立直率.219
飛び率 .011

さて、今回は大胆に役を狙ったこの局面を紹介します。

東2局、北家で17000点持ち。

前局で8000点を放銃してしまい、ラス目スタートです。

親も流れてしまい、最悪な状況です。

ここから挽回したいところです。


こんな配牌が来ました。

無題


既に七萬の暗刻と
両面ターツが複数あり、悪くない形です。

満貫放銃した後なのに、
思ったより悪くない配牌です。

しかし……。


無題1


1巡目のツモから、あまり嬉しくない1ツモです。

一応一面子は出来ましたが、これを手に加えると
テンパイ出来ても、リーチのみの1300点という
しょっぱい手になりそうです。

仕方ありません。

こうなったら、意地のツモ切りです。

ここは、安い手をアガってもしょうがありません。

意地でも、高い手を狙いたいところです。



無題2


すると5巡目、6を引きこの形になりました。

1を嫌ったおかげで、割りと良い形になってきました。

絶好の形の一向聴です。

真っ直ぐいくなら三萬切りですが、
この形では、9を引いた時にまたもや悲しい手になります。

ここは、三萬の周りに保険をかける3切りです。


無題3


そして次順(4)引き。

(4)も暗刻になり、より盤石な形の一向聴になりました。

こうなれば、迷う必要もなく打三萬です。




無題4


すると、7巡目、なんと赤(5)を引き見事テンパイ。

本来なら、ここで7切りか8切りのリーチをかけても良いのですが……。

「よく見たら、この手は三色か三暗刻の形がある。
こうなったら、そのどちらかになるまでダマテンじゃぁ~!

と、なんとこの期に及んで
強欲なダマテンです。



無題5


そこへ、9巡目に対面が打4。

2600のアガりですが……。

「リーチをかけてもいなのに、
こんな安い手でアガれるか~~~!」
と、ここでも意地の見逃しです。

半ばやけです。

普通なら、こんな見逃しをしてしまった後は
その後の状態が悪くなるものですが…。


無題6


見逃した直後、なんと4枚目の(4)を引きます。

当然、カン!

すると……。


無題7


「こっ、これだ~~~~!!!」

なんと、リンシャンから奇跡の赤五萬ツモ。

高め三色の、五,六待ちです。

数々の欲に耐え、
ようやく完成形になりました。

こうなったら、もう迷う理由がありません。

7を切って、自信満々でリーチです!


そして……


無題8


終局間際、19巡目にド高目の六萬を引き、
見事ツモアガリです!

色々とひどい打ち方をしていたのに、
あの手がなんと倍満にまでなってしまいました。

我ながら、すごいアガり方ですね……。



本来なら2600でアガるべきだったのでしょうが、
強欲狙いがうまい結果になり、倍満和了です。

三人から鳴きが入っているので、
途中で放銃してしまうかと思っていましたが、
どうやらリーチを受けて降り気味に打っていたようです。

それを踏まえても、奇跡的なアガりですね…。

今見ると、五萬も1枚、六萬も1枚のみと
非常に薄い待ちだったようです。

こんなものでもアガれてしまうから、
麻雀は面白いです。

ですが、先生の言うとおり、
こんなアガリをするから
成長しないのかもしれませんね…。



さて、今回はラスを多くとってしまい、
マイナス150ポイントとだいぶ下がってしまいました。

四段どころか、二段降格に到達しそうな勢いです。

Rも大幅に下がってしまい、ついに1600台到達。

とりあえず、目標としては
大トップを1回とるより、なるべくラスを減らすように心がけたいですね…。


次回こそ、プラスになれるよう頑張りたいと思います。